自転車&オフロードバイク&川釣り&ピアノをこよなく愛す、ダメ社会人リッジの愚痴を聞いてもらいます。


by ridgerun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ペダリング

最近自転車の方は技専門と割り切っているので、サドルはちょっと低めにしている。
で、日曜に娘とサイクリングしているときに気づいた事が有る。

やっぱりペダルは土踏まずで踏んだ方が走りやすい

俺はスポーツ自転車界では当たり前とされている、ペダルは拇子球(親指の付け根の一番でっぱった所)で踏む、という事がなにか今ひとつ納得できずにいた。
ビンディングで乗る時はクリート位置の関係で拇子球付近で踏んでいるが、調整できる範囲の中でできるだけ後ろ寄りにしている。

どう考えてもペダルを漕ぐのに、足首から先の動きが必要だとは思えないんだよね。
それに足首直下に近い土踏まずで踏んだ場合、物理的にふくらはぎの筋肉が使われる事は無く、その部分が疲労する事は無い。
要するに俺的には足首から先の筋力を動員したところで、ただ無駄にふくらはぎを疲れさせているだけのように思えるのだ。

とは言っても、雑誌とかでもよく言われるように、踏むペダリングではなく、回すペダリングという観点から考えると、拇子球踏みの意味もわからなくもないが、別にベタ踏みでも同じ様に速く綺麗に回す事はできる。

なによりベタ踏みの方が気持ちいいんだよね。なんか青竹踏みに通じるものがあるっていうか・・w

っていうかこういう風に思うっていう時点で、俺は走る方面の自転車には向いていないっていう事なのだろうか。

同じ考えを持つ人は他にいないのかなぁ?
[PR]
by ridgerun | 2007-09-18 22:06