自転車&オフロードバイク&川釣り&ピアノをこよなく愛す、ダメ社会人リッジの愚痴を聞いてもらいます。


by ridgerun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アイヌネギの魔境を見た

ゴールデンウィークの統括です。

5/3
家族で実家へ帰省。朝、普通の時間に出発したので高速はなかなか混んでいた。
比布の出口ではETCと一般改札が共通になっていて、現金のやつらもそっち入るもんだから渋滞。ふざけんな、完全に分けとけアホが。

着いてまったりしていると、実家の前の広場がなにやら賑やかだ。
見ると地元のスケーターがランプやボックスを置いて遊んでいるではないか!
d0123412_20141677.jpg

これを見てスケーターな俺が黙っていられるはずも無く、いい年こいたオッサンがマイスケートを小脇に抱え図々しく仲間に入るw
今までは車に必ずBMXを積んでいたのだが、もう家族が増えたためそれも難しい。
でも何か一つは自分のおもちゃが無いと生きていけない性格なんで、せめてスケートの一本でも積んで行こう、と思って持って来ていたのが正解だった。
もっとも久々のスケートだったんで大した事はできなかったが、思いがけなく遊べたんで楽しかったな。

5/4
この連休のメインイベントの山菜収穫DAY。地元の友人tetsuとまずは山ワサビを採りに行く。
山ワサビと言っても、山の中にある訳では無く、採れるのは国道沿いの土手。
剣先スコップで土手を掘り返し採りまくる。去年もかなり採ったため、大物は思ったより少なかったが、それでも面白い様に採れる。
d0123412_20245319.jpg

娘の左手のワサビに注目(向かって右)。この日一番の大物で、太さは大人の腕くらいある、その名も主(ぬし)

その後今度は場所を移動して、いよいよアイヌネギスポットへ。かなりマニアックなネギ場情報を頼りに行ったので、簡単には見つからず難儀したがどうにかそれらしいポイントを発見。
険しい急斜面を登り切るとそこは正に未体験ゾーン。なんと視界一面にアイヌネギが生えているのだ!
d0123412_203415.jpg

この写真の緑色のおよそ9割はアイヌネギなのである! 上の方までびっしり。とても一日で採りきれる量では無い。
しかもデカイのだ! 今まで札幌近郊で採りにいって、「うぉ、こいつでけぇ〜」とか言ってるレベルの物がここでは雑魚レベル。その程度のネギは採る気すら起きないw
茎の太さがタバコくらいの物が当たり前で、そんなのが山一面に生えているのだ。この迫力は写真では伝わらないだろう。
d0123412_20452741.jpg

「こ、これはアイヌネギの秘境・・、いや魔境だ!」

なんて思わず叫んでしまったよww
冗談では無く、こんな光景見た事無いです。田舎恐るべしだね、ホントに。
そんなこんなでこの連休中はずっとアイヌネギ食べてた。もうね、俺の血はサラサラだよw

5/5
札幌に帰る日。途中、また魔境に寄って在庫を増やすw


5/6
連休最終日は一日時間を貰ってバイクで山へ。総勢5台で爽やか林道ツーリング。
d0123412_21351651.jpg

・・のはずが、走り出して早速ドロヌタ攻撃に。
d0123412_21245357.jpg

そしてこの日のメンバーはレーシーな人ばかりでペースが速いのなんの。全然ついていけませんよマジで。

特に「りお姉さん」が凄い。女の人があんなバイクでこんな酷い道をあんなスピードで走れるものなのか? 速すぎだよ、マジでついていけないんだから。

森の中の木の間を縫う様に走るウッズでは俺遅すぎて笑っちゃうくらい。皆なんであんなスイスイいっちゃうんだよ。凄いよホントに、参りました。

散々コケまくって、集中力も切れて来たところでお開きに。家に帰るとなんとも言えない疲れが一気に押し寄せる。
自転車で一日走ったのとはまた違う疲れだな。体力的には間違いなく自転車の方がキツく、体の芯から疲労する感じだが、バイクはどっちかっていうと精神的な疲れの度合いが大きい。
ま、どっちにしろ楽しんだ疲れは日頃のストレスを発散させてくれるね。やっぱり大事ですよ、趣味は。

さてこれからは例の引越しだなんだでしばらくは忙しいぞ。頑張ろう・・
[PR]
by ridgerun | 2008-05-07 21:52