自転車&オフロードバイク&川釣り&ピアノをこよなく愛す、ダメ社会人リッジの愚痴を聞いてもらいます。


by ridgerun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

あの〜

え〜と皆さん、何か勘違いされている方が多い様なんですが(笑)
自分、昇進したと言ってもよくドラマである様な、「同期入社の同僚との昇進バトルに勝って課長の座をGET!」とかいう素晴らしいもんじゃなく、ほんとたいした事無い昇進で、あくまでネタとして書いただけなんで祝福メッセージとかは止めて下さい(笑)


相変わらず負け組な私ですので・・orz
[PR]
by ridgerun | 2006-06-29 18:49

ダメだ

やっぱりダメだ。調子を取り戻したと思ったが気のせいだったようだ。明らかに去年より下手になっている。
俺の体の中で何かがズレたらしい。なんだろう・・ホントにわからん。しかも全部ダメになったわけではなく、MTBの時だけダメなのだ。最悪考えられるのはサドルだ。この他には何も変わっていないのだから。
いやぁ〜でもそんな事でこうも悪くなるってのも考えられんしな・・。ブツブツ・・

話は変わるけど私、何故か昇進しました。恥ずかしいから詳しくは書かないけど、それを聞いたときは爆笑しました。だって夏はショーパンで会社に行き、仕事中に堂々とジャンプ台を作り、外回りでは自転車屋に入り浸り、休日には社用車を勝手に使い倒すこの俺がどうして昇進しなければいけないのか? 給料増えるのは大歓迎だが、責任は増えてもらいたくない。俺に出世願望というものは無いのだ。
そう、俺こそがまさしく実在する「浜崎伝助」なのだ。


注:一応仕事自体は真面目にやってます
[PR]
by ridgerun | 2006-06-28 18:49

クラッシュ

今日は例の下らない会議だったのだが、その帰り道に事件は起こった。南郷通りの横断歩道を渡り切ったあたりで、なんかよそ見をしていたらしく変な段差に突っ込みそのままブッコケた。まぁ業界用語でいう落車ってやつです。
実は自分、今まで普通に自転車で走ってて転んだという経験が一度も無かったのだ、BMXで技やってたりして転んだことなら何度もあるけど、ロードにしろMTBで山走るにしても、ただ走ってて転ぶなんてありえないと思っていたので俺のプライドはもうズタズタだ。
しかも信号待ちの車ギャラリー多数、さらに後ろからは会社の経理のおばちゃんにも見られていて、「あんたなにやってんの?」とか言われるし。
体を見ると、腕には20センチ級の切り傷から流血、両手の平にもダメージ。こういうときに限って普段はほぼ100%してるグローブを着けてない。ほんと頭に来た。
家に帰ると、今日は自分の誕生日だったので家族がささやかなパーティー(というほどの物ではないが)の用意をして待っていてくれたのに、自分は痛みと腹立たしさで機嫌が悪く、ちょっと申し訳ない事をしてしまった。ゴメンナサイ
それにしても痛い、痛すぎる。
[PR]
by ridgerun | 2006-06-27 18:48

ママ耐

今回はサイプラ競技者チームとして、このママチャリ4耐リレーに参加した。正直いって当日まではこのママチャリレースをちょっと舐めていたのだが、いざレースが始まると何故ここまで?というくらいにマジになる。
もうほんと限界状態でピットに戻り、バトンタッチと同時に倒れ込みしばらく動けなくなった。一周目が一番キツく、肺が機能停止してしまうのではないかという状態に。
何故ここまで熱くなってしまうのかというと、出場者のほとんどは自転車を趣味にしていない一般の人達であり、自分の様な人間でもバカスカ追い抜いて走れるのだ。これでなんか自分は凄く速い人の様な錯覚に陥ってしまい、つい調子に乗って飛ばしてしまう。そのおかげもあってか、タイム的にもそんなに足を引っ張ることなく走れたことは良かった。
しかし自分のベストは7分38秒で、kさんはなんと6分54秒!(たしか)どう頑張ってもこんなタイムを出すのは不可能で格の違いを感じる。だけどさらに競輪選手に至っては6分10秒台だそうで、一般人がかなう相手では無い。まぁ彼らはあれが仕事なんだから当然と言えば当然で、そのくらい差がつかないとある意味ヤバいよね。それにしてもよく彼らのパワーにママチャリが耐えられたもんだと関心してしまった。
あと未だに脳裏に焼き付いて離れないのが、自分の目の前で他の走者と接触し縁石に突っ込み派手に楽車した一般女性。見るからに自転車趣味の人では無く、「職場の仲間に誘われて面白そうだから出てみました」といった様な感じの女の人で、ケガは大丈夫だったのか凄く気になる。たぶんあの人、もう自転車なんて二度と乗るまいと嫌いになっちゃうんだろうなぁ・・とか考えちゃいます。
そんなこんなでキツかったが天気も良く、そのうえ競技者チームで5位入賞という栄誉?もgetし、とても充実した楽しい一日でした。
d0123412_1848752.jpg

[PR]
by ridgerun | 2006-06-25 18:47

買い物

今月は少なからずボーナスがでました。それで高価な買い物をしてしまいました。
前からずっと欲しくて欲しくて夢にまで見ていたけど、高いから諦めてました。でもとうとう買っちゃいました。ごめんなさい。
年末には2人目が産まれる予定でこれから大変になるのになにやってんだって感じですが、もうこれが最後のチャンスだったんです。産まれてからではその先、高い買い物なんて絶対にできないんです。
自転車に関係する物はとりあえず一通り揃ってるので、今後は消耗品程度の出費でこの趣味は続けられます。
それとは別に例のブツ、あとそれだけ手に入ればこの先の苦しい生活も楽しく生きて行けるんです。だから無理言って買わせてもらいました。ありがとうございました。

こんな私をどうぞお許し下さいm(_ _)m
[PR]
by ridgerun | 2006-06-22 18:47

ホイール組

先月MTBのリアホイールがついにイカれてしまった。フリー体のみの交換が無理なので(安物台湾製のため)、思い切ってハブごと交換してみようと思い立ち、Kさんに注文していたハブが今日入荷したので取りに行った。
なにぶんお金が無いので、普通はタブーとされるスポーク&ニップルも使い回す。当然ホイール組料金なんて出す余裕も無いので、自分で組むのだ。
家に帰り、ヤフオクでゲットしたワークマンプロを使って早速作業に取りかかる。基本の6本組で組んで行くのだが、途中で頭がこんがらかるわ、ディスクハブなので一応それ用の組み方というのが有り、それもまた頭を悩ませる。はっきり言って慣れないと大変な作業なのだが、それがまた楽しいんだなこれが。
いつものように娘に邪魔されながらもどうにか完成。思ってい以上に綺麗に組み上がり、自分的にはほぼ完璧な仕上がりだ。振れとりゲージ上でまったくブレルことなく回転するホイールを眺めてしばし悦に浸る。
結局かかったお金はハブ代だけという、最低限の出費に押さえる事に成功。
やはりここまでくると、あとはスポークのネジ切りマシンも揃えておきたくなってきた。
そのうちどこかで闇ショップでも開こうかと思案中。

*写真左上に見えるのは布団に寝かされたポポちゃんです(娘の人形)。はっきり言ってジャマだ。
d0123412_18462087.jpg

[PR]
by ridgerun | 2006-06-17 18:45

たまには書かないと

しばらく抜けてしまった。先月は割と調子良く続いていたのだが。
まぁこれといって書く事もないというつまらん日々を送っているわけで。自転車ではMTBでのウイリーが何故か下手になってしまいかなり凹んでいます。そのかわりBMXでは超低速から高速までほぼ失敗無しでどこまでも行ける気がするくらいに安定してきた。
で今日はそんなストレスを解消するために筋トレしてました。内容は相変わらず「より一層自転車が遅くなる」メニュー。高強度・低回数・短時間といった、有酸素運動は全く含まないもので、いかに筋肉にダメージを与えることができるかといった内容。しかし今は栄養管理もしていないので、このトレーニングだけで成果を期待するのは難しい。一時的にパンプアップする体で自己満足に浸っていると横から妻が、「全然ダメだわ、昔から比べると僧帽筋から三角筋、大胸筋上部にかけての厚みが足りなく、かつカットも出ていないので全体的にぼやけた感じがしてスケールが小さい」なんてボディビルの審査員が言う様な事は言わないが、同じ内容のダメだしが入る。そして娘も一緒になって俺をけなすのだ。でも俺は負けない。
[PR]
by ridgerun | 2006-06-13 18:44

夜連

最近なんだかんだでまともに走っていなかったので、隊長主催の夜連に参加した。18:30に隊長宅に迎えに行き、kidsでtaniさんと合流。北1条を走って円山方面へ向かったのだが、ほとんど路駐がいなくて快適走行。例の取り締まりが効いているのだろうか。
onoさんでのりさんと合流したが、体調が悪く今日は走れないとのこと。ビアンキに普段着といった格好で、「走る気の無い」のりさんを見たのは初めてだった(笑)
そしていざ練習コースへ。さすが上りジャンキー達が設定しただけありキツいのなんの。心霊スポットでは一人置いて行かれて怖いしで、1周した所でもうヘロヘロ。
その後最後の力を振り絞って幌見峠へ。ここは冬に来た時以来だったが、改めて走ってみるともうふざけてるとしか思えない斜度。上りだして割とすぐに来る一番キツい所で心拍がmaxに達し、「今休まないと俺は死ぬ」という所までいってしまい、情けない事に足を着く。少し休んでその後はなんとか走り切ったが、あとの二人はなんともう一度上ると言う。これはもうシャレにならんということで、自分だけ先に帰ってきた。
今回ではっきりとわかりました。「間違いなく俺はロードに向いてない」という事を。
[PR]
by ridgerun | 2006-06-04 18:44

メンテ日

最近は家族が病気だったりとなにかと大変なので、あまり乗れない。そんなことで今日は我が家の自転車達のメンテをした。
最初はBMXのブレーキシュー交換とヘッドのガタ取り。デポで安売りされていたリッチーのエクストリームなんとかっていうカンチ用のシュー。これをUブレーキに付けるわけだが、前にも書いたけどこのUブレーキはほんとに調整しずらい。当たりだすのに一苦労で、10ミリスパナを使い何度も締めたり緩めたりを繰り返す作業。どうにか良い感じになったところで、家の周りを試乗。これがなかなか良い感じに効いてくれるので、嬉しくてウイリーで走り回る。
続いて娘の自転車のブレーキ調整。レバー位置の調整などをしてすぐに終了。
次は折りチャリのブレーキシュー交換。これは酷い状態になっていて、フロントVのシューは摩耗しすぎて地金が出てきており、ブレーキをかけるとガリガリいう始末。まだ生きているリアのシューをフロントに移して、買ってきた新品をリアに付ける。普通ならフロントブレーキを優先するであろうが、俺の場合は逆でリアを優先する。理由は・・もう言わなくてもわかって頂けるだろう。 
最後にMTBのチェーン洗浄。ベランダ前に常設してあるピットスタンドに引っ掛けて作業開始。コネックスリンクで繋いであるチェーンを外して、灯油を入れたガラス瓶にぶち込みシェイク。見違えるように綺麗になった。
あと余談だが、日常通勤も含めた街乗りではなんといってもやはりフルサスが楽だ。それも本格的な物では無く、ルック車のボヨンボヨンサスが良い。ハードテールでは段差の乗り降りでちょっとケツを浮かしたりしないと弾かれてしまい意外と疲れるが、フルサス折りチャリのバネだけリアサスならベタ座りでも実に快適。
気合い入れて走る場合はダメだけど、その辺をのんべんだらりと走り回るのならこんなんで充分だ。
[PR]
by ridgerun | 2006-06-03 18:54