自転車&オフロードバイク&川釣り&ピアノをこよなく愛す、ダメ社会人リッジの愚痴を聞いてもらいます。


by ridgerun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

精密作業

先日、会社の車に付けているカーナビが壊れやがった。いや〜もうほんと不便ですわ。
使っている人ならわかると思うけど、特に仕事でナビが無いと信じられないくらいに不便。新しい客先や現場に行くのにも一々地図を片手に右往左往・・。やってられません。もの凄いストレス。

故障箇所はだいたいお決まりの光学ドライブの故障と予測。そこで同型機種をヤフオクで安く落札。
内部のデータはそのまま活かしたかったので、ドライブユニットを臓器移植することにした。で、その作業をやっていたんだけど、パソコンとは違って狭いスペースに内蔵されているユニットの乗せ替えは思ったより困難を極めたがなんとか無事終了。こういう修理ってメーカーに出すと平気で3〜4万取られたりするんだよね。DIY万歳!

しかし最後にネジが一個余っていたのは見なかった事にしようっと。
[PR]
by ridgerun | 2007-01-28 21:25

ようやく冬らしく

今週はかなり雪が降った。と言ってもこれでもまだ例年よりは少ないのだろうが、道路にもかなり雪が積もったので週後半はDT通勤。大雪の降った直後の深い雪道では真っすぐ走らせるのも困難ではっきり言って大変だ。
だけどそれがまた楽しいんだよね〜。それに大変な割に自転車程汗もかかないので、職場に着いてもそんなに疲れてないし。
これでまた路面が安定し、ギンギラパラダイスになったら自転車に切り替わるという完璧な二輪車ライフ。今年の冬はなんだか短く感じそうだ。

それにしても俺のDTはなかなか優秀だ。札幌でも朝方は-9℃位まで冷え込んだりしたのだが、そんな中でも必ずキック三発目でエンジンはかかる。やっぱオートバイはキックだよね。セルじゃどうもその気にならないんだよ。しかし占冠とかは−24℃なんて言ってるけど、そこじゃぁたぶんエンジンかかりません。良かった札幌で。

そんなこんなで最近は雪上走行にもだいぶ磨きがかかり、他の車と対等に走れるようになってきた。しかしそんな油断が死を招くので、今後は今以上に気をつけなくてはならないと自分に言い聞かせるのだ。
[PR]
by ridgerun | 2007-01-27 21:25

ふと思ったこと

自分の日記を読み返してわかったことがある。それは出て来るのは大概上の娘で、去年産まれた下の娘はあまり出てこない事。誤解の無いように最初に言っておくが、べつに愛情が偏っているわけではありません。二人とも同じように可愛いです。
おそらく、当たり前だけど上の娘との方が思い出も多いし、会話もしスポーツも一緒にやったりと話題が多いというだけの事なのだろう。
どの家庭でもよく言われる、二人目以降は写真やビデオが極端に減るという例があるが、我が家も同じ。なんていうか二人目になると全てにおいて余裕こいちゃうんだよね。一人目の子育ては何をするにも親は初めての事で、悩んだりする苦労も多い。
だからやっぱり一人目の子っていうのは特別な思いがあるのは当然だと思う。
そこであのニュース、風見しんごの娘さんが無くなった事故。ほんとに気の毒だね・・。自分なら絶対おかしくなってしまうだろうな。いっそのこと自分も後追って・・なんて考えてしまうだろうけど、まだ下の子もいたりするとそういうわけにもいかないし。まさに生き地獄ではなかろうか。
ほんと車運転する人達、もうちょっと考えて欲しいわ。
[PR]
by ridgerun | 2007-01-23 21:24

またスキー

どうやら娘は完璧にスキーの楽しさに目覚めてしまったようで、また滑りに連れてけとのこと。
で今回はちょっとレベルアップしてフッズのナイターに家族全員で行った。下の子の面倒を見ながら妻と交代で上の娘と滑るスタイル。これはチケット一枚で皆が楽しめるのでなかなか経済的。ちなみに就学前の子供はタダだというのはこの日知りました。
大人の感覚ではフッズの下のコースはかなり緩いイメージがあったのだが、娘にとっては結構な斜面のようで最初はビビっていたがすぐにバンバン降りて来るようになった。一度降り損ねてリフト止めましたけど(お約束)

この日俺はボードだったので、何回かリフト脇のパークゾーンにも入ってみる。ボックス、レール、手頃な大きさのキッカー二基が設置されておりなかなか。
しかしもうなんかおっかなくてダメですな。そんな自分のショボさに落ち込む俺の横を900回してフェイキー着地メイクするスキーヤーが通り過ぎていく。凄い凄い、ほんとに凄い。今はボーダーよりスキーの方が激しいやつらが多い気がするのは俺だけだろうか。
今俺があんな事にチャレンジしたら怪我する度120%です(笑)
d0123412_2124212.jpg

[PR]
by ridgerun | 2007-01-21 21:23

娘よ偉い!

今日は娘のスキー特訓の日。前回での失敗を踏まえ、今回はスクールに入れてみることにした。
場所は滝野公園にあるスキー場で、ここのスクールはなんと無料で受けられるのだ(保険料200円はかかる)
しかしそれだけに人気が高く、受けられるかどうかはその日の抽選で決まる。
その為ちょっと気合いが入り過ぎたか、朝一番乗りで会場入り。受付を済ませ抽選を待つ。
この日の定員35名に対し、受講希望者は100人オーバー。しかし俺の気合いが天に通じたのか見事当選! 張り切って娘を送り込む。

で、インストラクターはこんなまったく滑ることができない子供達に一体どうやって教えるのか興味があったので少し離れた所から観察。 

いやね、もうほんと尊敬します。なにがって同じように全然滑れない子供達5〜6人を1人で教えるのだが、見ているこっちが辛くなる程に大変な作業だ。何せ相手は専門用語なんて通じない幼児。エッジを立てろなんて言ったってわかりゃしない。後ろ向きに一緒に滑り降りたと思えば、上で待ってる子供が転ぶ。そしてそれを助けにまた斜面を登る。この繰り返し。 聞けばこれを毎日やっているという。

そんな風にゼロスタートの子供達をちゃんと下まで滑らせ、最後にはリフトにまで乗せてくれる。無料のスクールだけに時間も短く、あまり濃い内容とは言えないが、それでも子供に「滑れるようになった」もしくは「なれるかもしれない」といった自信を持たせてくれたのは間違いない。

その証拠にその後俺が数本一緒に滑って教えたのだが、恐るべきスピードで上達。ちゃんと左右にターンして俺に付いて降りてくる。今朝までスキー履いて歩くことすらやっとだった人間とは思えない程。
ここまでくればもう大丈夫。あとは徐々に完成度を高めていけばいいだけ。
先生、本当にありがとうございました。m(_ _)m

それにしても5才になった娘もだいぶ成長した。産まれた当初は「女の子か〜、俺の趣味につき合わすのは何かと難しいかな〜」なんて考えたりしていたが、今ではもう自転車もバンバン乗りこなすし、スキーも滑れる。コインをパームすることもできる(マニアック) 将来はボディビルやりたいとか言ってるし(笑)、さすが俺の子供だ。好奇心だけは旺盛。女の子といえどもなかなかあなどれない。

で、残るはやっぱり音楽系。なにも楽器できない人生だけは絶対に送らせたくないんだよね。しかしその為にはやっぱりまた金がかかったり・・・。親は大変だ。
d0123412_21233337.jpg

[PR]
by ridgerun | 2007-01-20 21:22

極めるということ

俺がネット上で参加しているウイリーコミュニティの師が、昨日のおもいっきりテレビの中でウイリー技を披露。
楽しみにしていたので録画予約もしておいて帰宅してゆっくり見た。

さすがだ。凄い。座りウイリーでのスラロームから10センチ幅の一本橋、前輪外した状態で数キロ走る。まさに極めているといった感じ。今の俺なんか足元にも及ばない。

俺はこの人のスタイルが好きなんだけど、なにがって彼はBMXやトライアラーといった技専門のフリースタイラーというわけでも無ければ、自転車競技やってるような人でもない。
ただ単純にウイリーが好きでやっててこのレベルまで達した人なのだ。

カッコいいな〜、やはりテレビに出るにはこのくらいまで極めないとならんのか・・。
残念ながら俺には無理だ。しかしそうわかっていても毎日の練習は続けるのだ。
人間は目標無くしたら終わりだぜ。
[PR]
by ridgerun | 2007-01-17 21:22

続かん・・

心を入れ替えたつもりだが、やっぱり続かんね〜。元々日記系統は性に合わないんだけど。
軽くまとめて書くと、9日から仕事が始まった。初日から大雪。自転車だとちょっとキツいのでDTで行く。除雪作業のため普通より早く出社する。今シーズンから小さいブルを導入したので作業自体は楽になった。やはり機械の力は凄い。一台で人間何人分もの仕事を楽々こなすのだから。
そんなこんなで相変わらず下らない仕事をこなしながら1周間クリア。14日の日曜日はキッズ主催の初詣サイクリング。前回も参加できなかったが、随分と楽しそうだったので今回はできれば参加したかった。
しかし地元から友人が来るという予定だったので参加は見送ったのだが、ドタキャンを喰らい結局何もできないまま休日が過ぎてしまった。

ほんと書く事が何も無いなぁ・・。あえて書くとすればWiiのソフトでレッドスティールというのがある。これは簡単に書くと、ひとりでヤクザ組織に殴り込みをかけるFPS(意味は知らん)というジャンルのゲーム。
俺は普段ゲームなんてものはまったくやらないのだが、このゲームはハマった。巷の評判はあまりよろしくなく、糞ゲーなんて言われたりしているのだが、俺的にはかなり楽しい。現実においても大嫌いなヤクザやチンピラをバンバン叩き殺して行くのはなかなか気分が良い(笑)

さてと、こんなゲームばっかりしててもしょうがないんで、岩見沢耐久に向けて夜連でも開始するかなー。
[PR]
by ridgerun | 2007-01-16 21:21

ダメな俺

今日は娘にスキーを教えに行った。

やっぱりダメだわ俺。指導者には向いていないタイプだというのはわかってはいるが、ホントにダメだ。
なんでこうも怒ってしまうのか。まだ小さい子供で何をやるのでも初めての経験で、すぐにできる事では無いというのは理解しているつもりだが、やはり俺の言っている事を理解してやってくれないとすぐにイラッとくるのだ。
娘なんてもうずっと号泣してるし、おそらく周りの親子連れは皆引いていただろうな。それくらい俺のスパルタは凄まじい。
自転車の時はそれでもなんとかなったが、今回のスキーはちょっとわけが違う。クリアしていかなくてはならないポイントが多い上に、斜面でスキーを履いて教える俺自身の移動の大変さ等も手伝って一層イライラ度が増す。俺絶対にイントラの仕事はできないわ。たぶん自分の子供じゃなくても同じように厳しくすると思う。
それに自分の子は女の子だからまだこの程度のしごきで済んでいるが、これがもし男の子だったとしたらおそらくこんなものではないだろう。考えただけで本人の俺が怖くなってくる。

さすがにこれではあまりにも娘が可愛そうなので、不本意ながら次回はどこかのスキー場のスクールを受けさせることにした。 でも今日のことで娘は深く傷ついてしまったようだ。おそらく俺の期待に応えられない悔しさと、最後には自分が見放されてしまった様な気持ちになってしまったのだろう。
今回一番悪いのは間違いなく俺だ。ゴメン、悪かった。いつの日か一緒に楽しく滑ろうよ。
[PR]
by ridgerun | 2007-01-05 21:21

いつのまにか新年

あけましておめでとうございます。この機会に日記復活しようと思います。
なんせ12月は一度しか書いてなかった。いや、書きたい事は山ほどあるんだけど、ゆっくりパソコンの前に座っていられる時間が激減したんですよ、ホントに。
そんなわけで今日はお決まりの年賀状チェックの日です。見てみると・・、あるね〜俺の嫌いな年賀状が。
何がって、宛名面印刷、通信面印刷、手書きの文字まったく無しという全て機械任せのやつ。これ大っ嫌いなんだよね。出せばいいってもんじゃないだろ、こんなのもらうくらいなら、来ない方がよっぽど気分がいいっつーの。ほんとこんな年賀状を出せる神経が理解できないね。来年からはこういった人達には出さない事にしました。
なんて新年早々愚痴全快でいってますが、最近の我が家は下の子も順調に成長しており非常に賑やかで楽しい毎日を送っております。時間も金も無い中で自転車と外伝活動も頑張っていますよ。
[PR]
by ridgerun | 2007-01-01 21:20