自転車&オフロードバイク&川釣り&ピアノをこよなく愛す、ダメ社会人リッジの愚痴を聞いてもらいます。


by ridgerun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

風邪引いた・・

確か一昨日だったかな、異常に空気が乾燥した日だった。手や足のスネがカッサカさになって血が出るくらい乾燥肌になってて、なんか嫌な予感がしたと思ってたら案の定風邪引いた。鼻の奥とのどのつなぎ目あたりが痛くてたまらん。どうか悪化しませんように・・。

最近は路面コンディションが良いのでMTB通勤だ。やはりビシバシに凍っている場合は自転車の方が楽しい。
都合良く歩道に上がったり、楽しそうな地形があれば自由に入っていける楽しさは自転車ならでは。
対してDTではいくら原チャリといえどもここまでの自由さは味わえない。

そして帰り道に結構な斜度のギンギンアイスバーンの下り斜面があるのだが、ここをウイリーで攻めるのが俺の日課。距離は200mほどだろうか。夏ならまだしも、冬にここをオールクリアするのはかなり難しい。
ここまでの下りだと、ブレーキでフル荷重のリアが滑るから恐ろしい。だけどそのスリルがたまらない。
当然両足はペダル固定です。

DTでもやりたいんだけど、エンジン付きはどうしてもガラ悪くなるからやなんだよねぇ。と言ってるわりには昨日グリーンドーム奥の駐車場で遊んで来た。youtubeで見たモタードのなが〜いドリフトがやってみたくてチャレンジ。
う〜ん楽しい。何度がぶっ飛びそうになったけど、カウンターを当ててアクセルでスライドコントロール。
でもこれやるんならやっぱり4stの方が良いなと思った。

そんな俺は今年で35才。orz
[PR]
by ridgerun | 2007-02-28 21:32

今季初支笏湖ツーリング

早速行ってまいりました。冬の支笏湖へ。
といっても今回は自転車ではありません。そう、オートバイの方です。とあるネット上のコミュで持ち上がっていた企画に参加してみたのだ。
今まではスパ狂で新しく参加してくる人達を迎え入れる立場だったが、今回は自分が新参者として入っていくといういつもとは逆の立場。
しかしこの日出会ったライダー達は皆気さくで楽しい人ばかりで、わりとすぐに打ち解けることができた。
で、肝心の走りはと言うと、基本的にただ走ってるだけなら運動量のほとんど無いオートバイではさすがに2月の支笏湖ルートはこたえる。かなりの厚着をしていったがそれでも寒い。
タイヤは当然フルピンスパイク。今年は雪が少なくほぼ舗装が出ているのはわかっていたが、なんだかんだ言ってもまだ2月だ。途中何があるかわからない。実際一部アイスバーンもあって、やはりスパイクの安心感は大きい。
そしてポロピナイに到着。当たり前だが自転車の半分以下の時間で着いてしまう。まだ雪が沢山あり休憩はできないので、更に奥の観光地で食事休憩をとり、帰りは恵庭経由で帰ってトータル120kほどのツーリングだった。
自転車の様な疲労は無いのだが、寒さによる緊張疲れなのか家に帰ってからはダウン。
本当はこの後娘をスキーに連れて行く約束をしていたのだが、さすがに勘弁してもらった。しかしそれではちょっと可哀想だったので得意のJJクラブに連れて行った。

最後に燃費について一つ。俺のDTはこういった長距離では余裕でリッター30k以上走る。とすると今回は120kなので4リットル消費。ガソリン1リットル120円としてもたった480円でこの距離を走れるのだ。
対して自転車はというと何キロ走っても燃料代は0円。しかし同じ120k走るとなると途中の補給食代はかなりの額になるものだ。
オートバイなら空腹を我慢すれば朝から何も食べなくても100や200なら普通に走れるが、自転車だとすぐにハンガーノックに襲われ、最悪命に関わる場合だって出てくる。 単純に経済性だけを考えればオートバイに軍配が上がるだろう。

とここまで考えてから、そもそもオートバイと自転車では目的が違うんだから比べるのはおかしいと気がついた。同じ2輪でも楽しみ方は別。もちろん共通点もあるけど。 

いずれにしろ両方の楽しさを味わえる俺って結構幸せなのかもしれない。
d0123412_21323117.jpg

[PR]
by ridgerun | 2007-02-25 21:32

雪祭り

やっぱり子供はこういうものに興味があるらしい。俺は人ごみの中に入っていくのが大の苦手なので休日になんて行きたくない。そこで妻に「平日の夜に二人で見に行って来たらどうだ?下の子は俺が家で面倒見てるから。なにより夜に見た方が綺麗でいいよ絶対」と提案したのだ。
俺は仕事を早々に切り上げ帰宅し、二人を見送る。これから数時間は下の子と二人っきり。いつもは母親がいないとすぐに泣き出して大変なので不安だったが、何故かこの日はとても機嫌が良く、仲良く過ごす事ができた。

そして22時をすぎても二人は帰ってこず、ちょっと心配になってきたあたりで「ただいまー!」と元気な声。
どうやら相当楽しかったらしく、見て来た雪像の事なんかを興奮して話していた。
d0123412_21314788.jpg

[PR]
by ridgerun | 2007-02-08 21:31

百日写真

やばいやばい、あやうく2月の日記を一日もつけないで終わるとこだった。
そんなわけでこの2/3の日記を書いてるのは2/26なのです。もうまともな記憶なんてのも残ってないんで、とりあえずあった事だけ書いて行こう。

この日は下の子の百日記念の写真撮影に行った。主役一人の写真が2パターンに姉妹写真、そして家族全員の写真も撮るということなので、俺も普段はしないちょっと上品な大人の装いに身を包む。
いざ撮影が始まると一番盛り上がっているのが上の娘。ちょうど今ドレスとかに憧れる時期なのか、あれも着たいこれも着たいとうるさいのなんの。主役はあんたじゃないっつーのホントに。

そうして無事撮影も終わり、その10日後くらいに写真が出来上がって来た。さすがプロの写真だけあり素晴らしい仕上がり。子供もちゃんと笑ってて可愛い。やっぱりこういうのって記念になるよな〜。
最後に家族写真を見て思った。俺も年とったな・・。
d0123412_2131168.jpg

[PR]
by ridgerun | 2007-02-03 21:29