自転車&オフロードバイク&川釣り&ピアノをこよなく愛す、ダメ社会人リッジの愚痴を聞いてもらいます。


by ridgerun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2007年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ナイトラン2連発

9/22 土曜日
オートバイ夜走りチームの大集会があるというので参加してきた。台数は20台オーバーで、はたから見ると族の集会か?って感じw
はっきりいって今の俺のバイクでこういったところに参加するのはほんと自殺行為といいますか、精神修行といいますか・・w (凄いバイクばっかりなんでw)
まぁ、この集まりはオンロード主体なんだけど、なにやら凄い技師もいてそれも見たかったし、ナイト林道計画もあったので参加してみた。
結局林道は走れず、ちらっと皆で滝野線を走ってきただけだったけど。
やっぱりあまりにもコンセプトの違うグループの中に入っていくっていうのは難しいですね(;´Д`)


9/23 日曜日
んでもってこの日の夜はMTBによるナイト林道イベント。前回とは違い、夜の林道がメインという事なのでブロックタイヤに履き替えた。
そして最近動きの怪しいFサスに、バイクのミッションオイルをぶち込んでみた。
するとどうだろう、めちゃくちゃ動きよくなったよw

自転車仲間6人で野幌の山中を走る。夜の林道はまさに漆黒の世界。光は一切無く、基本的に電池式のライトしか装備できない自転車では、はっきり言って恐い。
自分の一般道では十分な光量を持つ、ハイパワーLEDライトもここでは気休めにもならない。
その為、ライトを7灯も装備してきたJ君の後ろに終止びったり張り付いて走行。
そうでもしないと、どこが道なのかも見分けることができない程に暗く、危険だった。
コースは適度なアップダウンの連続でなかなか楽しめた。しかし下りでは暗さの為にスピード感覚が麻痺し、何度かぶっ飛びそうになる。

スペシャルメンテを施したサスの動きも最高で、路面の凹凸をほぼ完璧に吸収しハンドルを持つ手にはほとんど振動も伝わってこない程。やっぱサスなんて動きゃいいのよ、俺の場合w

という具合にさんざん走り回って家に帰ったのが23:00頃と、予想してたよりは早く帰宅。
2夜連続で健全?な夜遊びをした週末でした。
[PR]
by ridgerun | 2007-09-24 12:26

DNS

明後日の23日はYYエンデューロに出る予定だったんだけど、色々あって今回は見送りました。

一番の理由は、間違いなくバイク壊す自信あるからw
どんなコース走るのか知らないんだけど、俺の性格的にジャンプとかあったら絶対飛んじゃうし、とにかくガンガン行きたいんだよね。
でもDTはもともとそこまで本格的なオフ走行を前提とした造りでは無いので、それを考えるとなんか可哀想になってきた。そしてせっかくレースで走るのに、壊す事にビクビクしながら走るのもつまらんしね。
それになんといってもコイツは大事な冬の通勤車両だしw

ここはやはりレース専用車として、ボロいレーサーかなんかを手に入れてからレースに挑もうと思う。(こんな事書くとまた妻に怒られるな・・)

ただしスパ狂原動機付部門としては、岩見沢ドカ雪祭りでやっていた、雪中エンデューロには出たいところだ。だれかチーム組まんかね?
[PR]
by ridgerun | 2007-09-21 21:44

アメトーク

あまりテレビを見ない俺だが、たった一つだけ好きな番組がある。
毎週木曜の深夜番組で、雨上がり決死隊が司会のお笑い芸人トーク番組の「アメトーク」だ。
これはほんとに面白い。どんなに我慢しても声にだして笑ってしまう程で、寝室で寝ている妻に、「うるさい、いい加減にして!」と怒られる程。

内容はその回によってまちまちだが、シリーズ化している企画もあり、中でも「華の47年生まれ組」や、「イジリー岡田の変態楽屋探訪」なんてのがこれまた最高に面白い。

実は俺の好きなお笑い芸人っていうのが、この「イジリー」と「江頭2:50」の二人。
イジリーはギルガメに出ていた頃から見ているが、派手にブレイクする事も無く、あまりゴールデンには出てこない。
おそらくそのあまりにも下品すぎる芸風が世間には受け入れられづらいのだろう。
だけどほんとに面白いんだよなーこの人。俺のツボにはがっちりハマるんだよね。

江頭も同じく下品キャラだが、自分の道を貫き通す彼の生き様にはなにか憧れのような感情すら抱いてしまうw

ちなみにこの二人、女性視聴者にはすこぶる評判が悪いようで、うちの妻もイジリーが出てくると気分が悪くなる、と言っているww

で、そのアメトークのゴールデン特番が明日19:00から3時間にわたって放送される。
これは楽しみだね。はたして深夜の笑いがどこまで再現されるかわからないが、この番組を知らない人は是非とも見てみよう!
[PR]
by ridgerun | 2007-09-19 23:46

ペダリング

最近自転車の方は技専門と割り切っているので、サドルはちょっと低めにしている。
で、日曜に娘とサイクリングしているときに気づいた事が有る。

やっぱりペダルは土踏まずで踏んだ方が走りやすい

俺はスポーツ自転車界では当たり前とされている、ペダルは拇子球(親指の付け根の一番でっぱった所)で踏む、という事がなにか今ひとつ納得できずにいた。
ビンディングで乗る時はクリート位置の関係で拇子球付近で踏んでいるが、調整できる範囲の中でできるだけ後ろ寄りにしている。

どう考えてもペダルを漕ぐのに、足首から先の動きが必要だとは思えないんだよね。
それに足首直下に近い土踏まずで踏んだ場合、物理的にふくらはぎの筋肉が使われる事は無く、その部分が疲労する事は無い。
要するに俺的には足首から先の筋力を動員したところで、ただ無駄にふくらはぎを疲れさせているだけのように思えるのだ。

とは言っても、雑誌とかでもよく言われるように、踏むペダリングではなく、回すペダリングという観点から考えると、拇子球踏みの意味もわからなくもないが、別にベタ踏みでも同じ様に速く綺麗に回す事はできる。

なによりベタ踏みの方が気持ちいいんだよね。なんか青竹踏みに通じるものがあるっていうか・・w

っていうかこういう風に思うっていう時点で、俺は走る方面の自転車には向いていないっていう事なのだろうか。

同じ考えを持つ人は他にいないのかなぁ?
[PR]
by ridgerun | 2007-09-18 22:06

3連休だったらしい・・

なんか知らんうちに連休終ってた。

15日は保育園の運動会。前日から妻の両親が観戦の為わざわざ来てくれていたのに、あいにくのどしゃ降りで体育館での開催。上の娘は、前日にこの為に新しく買ってもらったスニーカーを使う事無く終了w 
まっ、リレーも勝ったからいいか。

16日。 ツールでも観戦しに行こうかと思ってたら、なんか異常な程疲れが出てきて体が動かない。
それでも夕方から娘とサイクリングに出かけた。もう夕方になると気温もグッと低くなる。
いよいよ本当に夏も終っちまったか・・

17日。 とりあえず日頃のストレス解消の為、背中痛いの我慢してDTで早朝山ライドへ。
ここ最近の雨でなかなかマディな路面が多く、泥人形と化す。昨日今日と夕張でイベントやってるからか、他のオフ車乗りは一台も見なかった。もっとも時間が早すぎるってのもあるけどw
帰り道モトクロスコースも走ってきたんだが、何故か作られたコースを速く走ろうとすると難しい。林道を攻めるのとは違って、なんかギクシャクしてしまう。

朝のうちには帰ってきていたので、昼からは家族で外出。天気悪いけど外で子供とちょっと遊んでから買い物へ。
久しぶりに皆でプリクラなんてのもやってみた。で、凄い発見をしてしまった。
出来上がった写真を見ると全員妙に写りが良い。娘なんて雑誌のモデルみたいな顔してるし、いやほんとマジで。

光の加減でここまで変わらないよな〜とか考えながら見ていたら、謎が解けた。
なんと最近のプリクラって、機械が人間の顔を識別して、自動で目を大きく修正するんだね!
もちろんそれ以外にもあらゆる箇所に修正が施されているみたいで、地味にかなりのハイテクが使われている様だ。

だけどこれ、おそらくほとんどの女子高生とかは、まさか目が大きく修正されているなんてわかっていなくて、それを真に受けて「私ってこんなに可愛い!!」とか勘違いしちゃってるんだろうね。

これがどんどんエスカレートしていくと、顔はもちろん太った人は自動で細くなってたり、それこそどんな人だろうとも綺麗にしか写らないような機械が登場することだろう。っていうかもうすでに有りそうな気もするけど。
証明写真とかにも使われてきたら問題だよね。もう何も信じられなくなっちまうよw


てな具合に、天気が悪かったせいもあるのだろうが、たいした充足感を得られずに連休終了となりました( ゚д゚)ホェ~
[PR]
by ridgerun | 2007-09-17 19:03

痛てぇぇ・・

たまには筋トレネタを。
木曜にやった背中のトレでちょっとしくじったらしい。
現在うちにはラットマシーンは無いので、種目はワンハンドロウと通常のバーベルロウくらいに限られる。
で、パワーブロックでかなりストリクトに広背筋を攻め込んだわけだが・・。

翌日からいい感じに背中全体が程よく筋肉痛になり、今回はなかなか効かせられたと喜んでいたところ、なんか痛みがどんどん酷くなってきた。
ちょっと腕を上げただけでも大円筋周辺に激痛が走る。こりゃもう筋肉痛の痛みではなく、軽度の肉離れの痛さだ。
長年やってるが、こんな事は初めて。トレーニングで怪我しちゃ元も子もないんすよね。

もっとも最大限にバルクアップを狙ったトレーニングにおいては、怪我のリスクは常についてまわるってもんで、俺的には多少怪我してでもガムシャラに追い込んでやった方が、しょぼいトレーニングで大した成果出せないよりかは、よっぽど自信に繋がるというか、単に自己満足を得られるというか・・。
ま、それが正解では無い事だけはわかってるんだけど。
[PR]
by ridgerun | 2007-09-14 21:08

黄昏れサイクリング

家族で新札幌の青少年科学館に行きました。自分も久しく行ってないので、なにか新しい設備が導入されていないかと期待して入場。

まぁこれといって目新しいものはなかったが、基本的にこういう所は好きなので、あれやこれやいじくって子供の様に楽しむ。
イベントとして、でんじろうの偽者みたいなオヤジが科学講座みたいのをやっていてしばらく見ていたが、ダメだねやっぱり。
やはり素人のオヤジには、人を惹き付ける話術も無く、たとえでんじろうと同じ内容の事をやっていたとしても全然面白くない。頑張ってるのはわかるんだけど。

あと南極の氷とかを保存、展示している低温室があって、そこでも別のオヤジが色々説明してくれた。これはまあまあ面白かったね。
だけど室温が-6度という事でもう寒いのなんの。本州からの観光客なら喜ぶだろうが、なんで道民の俺がわざわざこんな所に入らなきゃならんのよ。あと2ヶ月もすれば嫌でも雪の中で2輪車乗ってるっちゅうのにw

結構長い時間遊んでいたので、そろそろ帰ろうと言っても子供には相当楽しい空間の様で、なかなか帰ろうとしなかった。ま、へたなゲーセンよりかは楽しいかもしれんね。

帰って夕方からはMTBで練習へでかける。近所の土木センターでひたすら技の練習をする怪しいオッサンでした。
煮詰まってきたところで、ちょっと走ろうとサイクリングロードへ。
軽く走るつもりが結局北広往復してしまった。総走行距離およそ40km。 いまはこのくらいの距離で丁度いいわ。1〜2年前は100kmオーバーを当たり前に走っていたが、今ではちょっと考えられないね、長過ぎてw もっともロードが使えないってのもあるけど。

途中、誰もいない自転車の駅で休憩。夕暮れの景色がもの凄く綺麗で、嫌な仕事の事とか、どうしてこんなに金が無いのかとか、これからの人生の不安とか、いろいろな悩みを少しの間忘れる事ができた。(´-`).。oO
[PR]
by ridgerun | 2007-09-09 23:29

15年振りのレース

今度ちょっとオートバイのレースに出てみようと思っとります。
とは言っても初めてってわけじゃないんです。今をさかのぼる事15年前。当時はオフロードバイクの全盛期と言っても良い程盛り上がっていました。

当時スズキのTS200Rに乗っていた俺は、学生で金も無いのに(今よりはあったかもしれんが)結構イベントに参加していたものだ。
この当時からすでにガルルカップとかも行われていた様な気がするのだが、もう記憶が定かではない。 確かポカリスウェットカップなるEDレースがあってそれにも出た事があった。あと大浜でもやったっけな〜。

この頃は今とは違い、各メーカーから「闘える一般トレール車」がいくらでも選べる時代で、レース会場でも、DT、RMX、TS、CRM、KDXといった名車達が勢揃いしていたものだ。
逆にレーサーやKTM等の外車なんてほんの一部の本格派もしくは金もちが乗っていた位で、あくまで主流は一般トレール車。・・だった記憶がある。

他にも東福寺保雄、高濱龍一郎といった当時トップのモトクロスライダーによるスクールに参加し、あまりの走りの違いにショックを受けた記憶は今もまだ強く残っている。

あれから15年以上経ち、冬用にDT50を手に入れてしまったのが間違いだった。夏に思い出した様に林道を走っていたりすると当然またやりたくなっちゃう。でも不思議と大きいバイクを買って本格的にやろうとは思わない。
あくまで遊びとして、小排気量クラスで楽しみたい。それに現代はこのクラスに出る人も少なく、入賞確率も非常に高いっていうのもあるw

だってここ数年でMTBの耐久レースとかにも何度か出てるが、俺は一度も表彰を受けた事が無い。おそらく、っていうか間違いなくこの先も無いだろう。それは自転車競技の世界があまりにもキビシすぎて、俺の体力ではもうどうすることもできないのだ。

その点オートバイの方ではそこまでシビアではなく、ある程度機材まかせの感が強い為、なんかこう純粋に走りを楽しむ事ができる。どうせ金払ってレース出るんなら、勝てる見込みがあって走る方が楽しいに決まっている。
もちろんこれは俺が出ようとしているクラスでの話で、上のクラスはそんなのん気な世界ではないのだろうけど。

でもな〜まだちょっと悩んでるんだよな〜。いくら遊びのレースっていったって、いざレースとなるとそれなりにガンガンいっちゃうわけで、絶対にどこかしら故障するもんだ。
できればDTを壊したくないんだよな〜。コイツは冬の通勤用に無理して手に入れた大事なバイクだから。そしてもう現行車種では無いため、この先の部品供給も保証されない(まだ大丈夫だけど)
さらにこのDT50っていうバイク、実は俺が中学生の頃からずっと憧れていたバイクだったのだ。当時友人の兄貴かだれかが乗っていて、子供心にもの凄〜く憧れたもんだ。なんかこう、中学生でも今にも手が届きそうで届かない、みたいな存在w

そして34才になってやっと手に入れる事ができた。 今では凄い愛着もある。今まで乗ってきた車やバイク、自転車のどれよりも大事にしている様な気がする。
何かわからないが、そんな不思議な魅力を秘めているんですよ、このDT50 には。
現代は大排気量マシンに乗っていないと誰も相手にしてくれない様な、なんかちょっと嫌な時代になってしまった感があるのだがそんな事は関係無いんですよ。楽しいバイクってのは大きさやパワーじゃないんだよね。

まぁそれはいいとして、あ〜どうすっかな〜レース・・(-o-;)
[PR]
by ridgerun | 2007-09-09 00:28

ツール

一昨日、昨日と2夜連続で、深夜NHKでツールド・フランスの総集編やってた。
俺は自転車乗りのくせにこの手の競技はほとんど見た事が無く、黄色ジャージの意味も今回知りましたw
選手の名前もランスとかウルリッヒとか超メジャーどころしか知らなくて、しかもその人達はもう出場していないらしく、知ってる名前もほとんど出てない。
で、今回の放送見てだいぶ情報仕入れました。
え〜とまず、ラスムセン、バルベルデ、ヴィノクロフ、そして・・えーと・・、ダメだ、もう思い出せん。だって変な名前ばっかりなんだもんよw

でも見てみると以外と面白いね。それぞれのチームの戦略とか色々あって想像以上に奥が深い世界らしい。ただ早く走ればいいってもんじゃないんだな。
とは言っても200kmの山岳コースを5時間台で走ってたり、どう考えても人間じゃないよ、ほんとに。

俺はロードレースだけは絶対に自分でやろうと思った事は無い。理由は恐いから。
なにがって、あんな薄着でメット以外なんのプロテクターも付けてない体で、高速でしかも集団で走るんだから。下りなんてあんな細いタイヤで80〜90km/h出してるし。
レース見てても落車なんてあたりまえで、一人がコケルと後続がみんな突っ込んできて酷い事になってる。
それに加えてあの薄着ですよ。流血あたりまえ、そりゃ怪我するって。
せめて肘、膝、肩ぐらいにはプロテクター付けてやってほしいもんだよ。あ〜こわいこわい。

そんな弱っちい俺は先日こんな物を入手しました。
d0123412_23502061.jpg

どうすか、凄いしょ?これ。もう無敵ですよ。山道でどんなに吹っ飛ばされようが、いきなり熊に襲われ様が大丈夫だ(ホントか?)
そしてね、これ着てるとなんか無性に燃えて来るんですよ。今にも街に繰り出して暴れたくなるっつーか。 グローブ状の物を両手にはめると、自然とボクシングごっこを始める男の悲しい性といいましょうか。

まぁロードやクロカンMTBでこれ着ろとはいわないけど、実際自転車競技は無防備すぎるよね。 これだったらオートバイやフル装備のDHの方がよっぽど体にやさしいかもしれん。

とにかく皆さん、体は大切にしましょうね。
[PR]
by ridgerun | 2007-09-06 00:02

ウイリーオフ終了!

いつもの長距離走では皆についていけず、いつもいじめられてばかりいる私ですがw、今日のウイリーオフは違います。唯一俺が仕切る事のできる分野ですからww

昼に家族で車でモエレ沼公園へ。着くとジョルト君をはじめ、ぼちぼち人が集まってきた。最終的に6人集まり、ウイリー練習、雑談にと花が咲く。
d0123412_2103616.jpg

天気も良く、気温も暑すぎない絶好のウイリー日和で、俺も久しぶりに集中して練習することができた。
しかし今回の集まりは、BMXのフリースタイルのグループでもなく、自転車トライアルのグループでもなく、全員がひたすらウイリーの練習をしているという、端から見るとちょっと異様な集団だったに違いない。

自分も通常のウイリーから漕がないコースターウイリーへの切り替えのポイントを掴み、ほぼ百発百中で決められる様になるなど収穫もあった。
久しぶりに人と一緒に練習したが、やはり一人でやるのとは違って楽しいね。

後半はビデオ撮影したり、即席モタードレースなんかしたりして遊ぶ。
実はこういう意味無い遊びが一番楽しかったりしてw

で、夕方5時くらいまで乗ってただろうか。そこから各自解散なのだが、俺の家族は先に帰ってしまっていたので、自走で帰宅する事を余儀なくされた。
まぁロードやMTBならちょうど良いサイクリング距離なんだが、今日乗ってるのはバリバリのフラット用BMX。ポジションもキツければギア比もキツい。それでものんびりウイリーしながら帰って来たら、予想していた程辛くはなかった。一時間程かかりましたが(汗)

たまにはこういった自転車の集まりもいいね。冬が来る前にもう一度やりたいもんだ。

今日の様子を納めたビデオはこちら
[PR]
by ridgerun | 2007-09-02 20:57