自転車&オフロードバイク&川釣り&ピアノをこよなく愛す、ダメ社会人リッジの愚痴を聞いてもらいます。


by ridgerun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

連休中は

とにかくやたらと映画を見た。色々あってまとまった外出もできない状態だったので、暇を見ては妻と娘がレンタル屋に通い、次から次へと借りてくるもんだから家にいる間はほぼ休み無く見てたって感じ。
借りてきたのはディズニーやジブリアニメとかの妻や娘好みのものがほとんどで、俺はあまり興味無かったが、俺用のも数本見たのでザッと紹介しよう。


『ブルース・リー 死亡的遊戯 G.O.D』
これはあれですよ、有名な黄色いツナギで戦うアレ。でもね、それは死亡遊戯であって、今回見たのは死亡”的”遊戯。
これはある程度ブルースリーに関して詳しい人じゃないと知らないだろうけど、昔からある死亡遊戯の方は、リーが撮影途中で死んでしまい、中途半端だったフィルムにそっくりさんの代役を使って無理矢理完成させた、クソ面白くないヤツ。
そして今から数年前に新たにリメイクされたこの死亡的遊戯は、ドキュメントというかメイキングというか、素直に当時のフィルムを全て見せてくれる内容。やっぱりカッコいいね、リーは。
あれだけキレのある動きをする人間は彼以外には見た事無い。これから先も出てこないだろうな。



『えじき』
B級のホラー映画。パッケージに釣られて借りてしまった。
内容は、いかにも日本の「リング」に影響を受けたアメリカの監督が作ったって感じの内容。
面倒だから詳しくは書かない。はっきり言って時間の無駄だった。



『茄子 スーツケースの渡り鳥』
ここを見ている人なら知ってて当然の自転車ロードレースのアニメ映画。
それなりに楽しめたが、この映画は自転車乗りが見た方が楽しめるのか、反対に全く自転車に関わってない人が見た方が楽しいのか・・。
実は前作のアンダルシアはまだ見ていない。



『ロッキー FINAL』
なんともう60才を過ぎたスタローン紛するロッキーが若い現役チャンプと試合をするという有り得ない内容。そしてその敵役のチャンピオンの設定が見事なまでに亀田兄弟とリンクしている。例えるなら、具志堅用高もしくはガッツ石松が復活して亀田とガチで試合をするといった感じか。
それはさておき、ロッキー1から一緒に育ってきた私、もしくはそれ以上の世代の人なら間違いなく楽しめると思う。
一つショックだったのは、ハリウッドのトップスターであるスタローンでさえも、全盛期の様な美しい体は維持できないという所。そりゃ一般人に比べりゃ信じられないくらいに凄い体だけどさ。
なんで年喰うと胴回り太くなっちゃうんだろう? おそらく体脂肪の問題じゃないね。もう内蔵とかもう何もかもが下に下がってきてしまうんだろうな。あ〜恐ろしい。



『ピアノの森』
アニメだが、前から見たかった映画。結局凡人はどう頑張っても、天才には敵わないという事を教えてくれる内容だw
それはいいとして、俺が自分の人生において最大の失敗が、「ピアノを習わなかった事」である。習える環境にいたにも関わらず、幼い自分にはその重要さを理解できなかったのだ(それが当たり前だけど)
これはもう悔やんでも悔やみきれない。本当に・・。もし今人生をやり直せるとしたら間違いなく、ピアノを最優先にやるだろう。
別に凄いピアニストになりたかったわけじゃない。ただ普通に弾けるだけでいい。それだけで人生は180度違う物になる。ピアノができるってのはそのくらいデカイ事。
それに例えば途中からギターとか他の楽器に目覚めたとしても、土台としてピアノの経験が有るか無いかで雲泥の差がつくもんだ。
あぁ・・、娘にも習わせてあげたいなぁ・・




とりあえずこんなところかな〜。他にもまだ何か見た記憶があるんだけど、思い出さないってことは大した映画じゃなかったってことでw

日曜日だけ用事があって苫小牧まで足を伸ばしました。途中ウトナイ湖に寄って白鳥と遊んだり。やっぱりあっちのほうは雪が少ないね。わざわざ室蘭方面まで自転車乗りに行く人達がいるのもわかりますねw
[PR]
by ridgerun | 2007-12-25 00:24

バタバタと・・

最近取引先が次から次へと倒産してる・・。
ほんと昨日まで普通に営業してた会社が今日になっていきなり、

「え?倒産?マジで?」

みたいに何の前触れも無く(何かしらはあったのだろうが)突然逝くのだから恐ろしい。
ここ数年はこんな事がしょちゅうあるんで、いよいよ他人事とは思えなくなってきた。
だってこれがもし主力取引先にポックリ逝かれたら速攻でこっちもあの世行きなのだから。
そしてそれを予測する事は不可能に近い。なにせ何重にも手形がやりとりされてるわけで、どこでどうなってるかわかったもんじゃない。
取引先のその向こうの向こう側まで把握することなんてできんだろ。

ほんとこの時代、生き残るのは大変だ。
[PR]
by ridgerun | 2007-12-18 23:29

さぼり癖

なんか気がついたら全然更新してなかった。
ってか日数経つの早すぎないか? あの試乗会からもう3週間経ってるなんて信じられんわ、ホントに。

ってことでザッとここ最近あった事を記録しておこう。
まずこの季節になると妻の実家から必ず送られてくる牡蠣。もうこれでもかってほど食った。
娘も大好きで、足り無いと言えばまた追加で送られてくる。しかしその都度デカイ発泡スチロールの箱で大量に送られて来るのだが、日持ちするものではないので、できるだけ早く食べ尽くさなくてはいけない。
d0123412_20155769.jpg

もう後半なんて、「え〜まだあるの? もう具合わり〜」 なんて贅沢なグチをこぼしてしまう。
だけどホントありがたいことですな。牡蠣なんて高くて自分じゃ買おうなんて思わないからね。
いつもありがとうございますm(_ _)m

で、次は上の娘の七五三と下の娘の一才の記念写真を撮ってきた。
上の娘は今前歯が3本抜けている為上手く笑う事ができず、なんか猪木みたいな怪しい顔に写っているw
そしてそれを本人にいうと怒るのだ。
しかしこうして改めて写真を見ると、二人とも元気に育っているなぁと実感。
この幸せにあともう少しお金があれば言う事無しなんだが(前にも書いたような気が・・)
d0123412_2029164.jpg


他にはWii Fitを入手したり、プリンターが壊れてやっと複合機に昇格したりとか、この時期にバイクの自賠責更新したりとか(スパイカーならでは)、わざわざ書かなくてもいいような事しかないわけで。
年末だってのに仕事も暇で定時に帰って来て(大丈夫なのか?会社)、今頃なぜかSFC版ドラクエ3をやってたりw ときメモとかwww


話は変わって、12月だってのに札幌は雪が無かった。岩見沢や旭川はアホみたいに積もってるのに札幌はウソの様に雪が無かった。その為つい最近まで自転車にはスパイクを履かず、突発的に降った時はDTで通勤したりしていた。
しかしようやく先週あたりからチラホラ降ってきて自転車もスパイク装備。
ノーマルタイヤでは時折現れる凍結路面を走る時はとにかく緊張する。
それに比べてスパイクの安心感はなんだろう。全く臆する事なく通過できる。
それどころか氷の上でウイリーまでしてしまう余裕が生まれるのだから凄い。さすがにストッピーは無理ですが。
d0123412_20552822.jpg

*写真 左はDT用 右はMTB

んで今日は今冬初の大雪、、という程ではないがまあまあ積もった。しかし気温が高くベチャベチャのシャーベット。こういう時はDTの出番です。
いつもより早く家を出て、会社の除雪作業。久し振りにブル(小さいやつ)を操作したが、半年もブランクがあるとダメだ。全然意のままに操れないw

さて、これから本格的に嫌な冬が始まるわけだが、このスパイク2輪達でどうにか楽しく乗り切ろう。
[PR]
by ridgerun | 2007-12-14 21:02