自転車&オフロードバイク&川釣り&ピアノをこよなく愛す、ダメ社会人リッジの愚痴を聞いてもらいます。


by ridgerun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

まとめ日記

気がついたら日記全然つけてなかった。
これって後になって読み返すと、「あぁ、この時はこうだったんだ・・」とか色々わかって面白いんだよね。
日を追って書いていこう。 ってももう記憶無いんですがw

3/20
d0123412_2041452.jpg

久々にMTBのメンテをする。チェーン、ディレイラーに注油したり、SIDツアーのOHも行う。
その後タイヤをスリックにして走り回ってた。毎年の事だけど、スリックにした瞬間から別物の様に漕ぎが軽くなって感動するんだよね。で、当然ウイリしまくりです。
しかしスリックに替えた直後は漕ぎのレスポンスが良すぎてなんかギクシャク。
まぁしばらくやってりゃすぐ慣れるんですが..。
その後、BMXにも乗った。家を出発しいつもの練習所へ向かう途中、隣に住んでいる娘さんとその友達3人と遭遇。
お決まりの「技やって!」リクエストに応えるw
普段はなかなかメイクできない技も、さすがに若い女の子の前だと気合いの入り方も違うのか楽々フルメイクw
まぁ、若い女の子と言っても、俺とふた回り違うんですが(;´Д`)

3/22
アクセスでやってるオートランドのバイクフェアへ。特売コーナーで目当てのブツをゲットして上機嫌。
その後、今話題のコストコに行った。確かにスケールがでかくて凄いが、わざわざ入会金を払ってまでの価値は俺には見いだせなかった。

3/23
日曜だってのに早朝6時に会社に行くという、なんと働き者の俺。
な〜んてウソ、仕事のわけないべ。DTのタイヤ交換にw
スノーヒルクラ以降、MXタイヤ履きっぱなしでもったいないので普通のトレールタイヤに交換。
寝ぼけてやってたせいか、チューブ噛んでパンクという痛恨のミスを犯す。しかし何故かリュックにパンク修理セットが入ってたので、パッチ貼って事なきを得る。
そして事件。
こんな朝っぱらから会社の倉庫でシャッター半分開けて中でゴソゴソやってたもんだから、近所の人に不審がられて通報されちまった。
まったく余計な事しやがって、社員だっつーの!(`ω´;)
まぁ、どうにか大事にならずに済んだんですが・・。

3/24〜29
普通に仕事の毎日。しかも妙にハード。やってられん、疲れた。

3/30
昨日の事なのに何をやってたのかすぐに思い出せない。大丈夫なのか?俺。まだ35才だぞ。
しばらく考えて・・・、確か昼前くらいに妻の両親が来たんだった。
両親と妻と子供達は例のコストコに買い物。俺は行かない。先週行ってもう満足したから。あそこは俺にとってあまり相応しい場所じゃないw
俺は一人、近場のダートを走って泥だらけ。青いヤツの出番はまだだ。

そして今日、3/31
夜は俺と下の娘で留守番をし、両親と上の娘、妻達は月寒温泉へ出かけた。
俺はここぞとばかりにピアノの練習スタート。しかし途中で寝ていた娘が起きてしまい、子供番組のビデオなんかを見せてその場をしのぐ。
およそ2時間近くは集中して練習できたかな。あ〜時間が欲しい。ドラゴンボールに出て来た、「精神と時の部屋」だっけ? その部屋に入って1年過ごしても、外界では1時間しか経ってないみたいな(詳しく覚えてない)
実際こんなのあったら速攻でジイさんになりそうだがw


ざっとこんな感じかな。また思い出したら書き足せばいいや。
[PR]
by ridgerun | 2008-03-31 21:46
3/16の日曜日は今シーズンの冬バイクの締めとして、コバワールドスキー場で開催された雪中ヒルクライムナイトレースに参戦してきた。(オートバイの方ね)

この日の為にDT50のリアに16インチMXタイヤを履かせるため、ヤフオクでTY80用のリアホイールを1000円でゲット。しかし1000円だけあり、サビサビの酷い状態。コイツをサンダーで磨き、塗装をしてレストア。
予定では無加工でポン付けのはずだったが、微妙にハブのサイズが違い、これまたサンダーで切って削ってを繰り返しどうにか装着。電動工具万歳。
こんな作業を連日夜中まで会社ガレージで作業してた。

そして当日、スーパートランポのスパ狂トラックにDTとコタロさんのXR650を積み込み、コバワールドへ。
d0123412_20264868.jpg

16時頃、着くとまだスキー場として普通に営業していて、スキー客も大勢いる。そんな中にバイクを積んだ車が続々とやってくる。どうやらスキーのナイター営業はもうやっていないらしく、そこからバイクレースの為にナイター照明を点けてやるようだ。
更には圧雪車まで使ってコースを作る。よく貸してくれたもんだ、よほどのコネがないとここまではできないだろう。

しかしわかってはいた事だが、ここ最近は気温も高くすっかり春といった感じで、当然雪は緩み、ザックザクの最悪コンディション。普通に考えてもここをバイクでまともに走れるとは到底思えない。
だけどスタートが近づくに連れテンションも上がり、暖気運転にも力が入るw
d0123412_20372150.jpg

スタートは1ヒートにつき横一列に4台が並び、隣を見ればCRM80やXR100といった強力なライバルマシン。相手にとって不足は無い。これは燃えますw

そして旗が振られ一斉にロケットスタート!
スタート地点には金網が敷かれ、ここで最初にできるだけ勢いを付け走れる所まで走る。
しかしこのコンディションの為、途中からは地獄の押し合戦に。自転車の押しレースとは違い、およそ100kgの車体を、底なし沼の様に掘り返される雪の斜面を押すのだからその過酷さをわかって頂けるだろうか?

たった数分のレースに身も心もボロボロに・・、スタート地点まで帰るのもまた一苦労。
それからはなんか胃がおかしくなり、吐き気ももよおす。
一応予選は突破したようなのでまだ決勝ヒートもあるのだが、完全にやる気を失う。

そんなところに今日は連れてこなかった妻と娘達がいきなり現れた。今日のレースは場所も場所だし夜というのもあって、妻も何かと大変だろうと誘わなかったのだが、自分で場所を調べて来てくれたらしい。
嬉しかったね〜、完全にまいってる所に家族の応援の力は大きいです。これは是非とも娘を表彰台に連れて行ってあげたいと気合いも入る。

そして決勝が始まる。ここでも敵はレーサーのYZ85とかで、俺のDT50ではスペック的に到底敵う相手ではない。グリッドに並んでいると、最初に戦ったCRM80のライダーがやって来て、「レーサーに負けないでくださいね!」と激励してくれた。ありがとう。
このコンディションだとどうなるかわからないんで、本気モード全開でスタート。

予選よりかは路面も多少締まっている様で乗車距離は伸びたが、やはり途中からは押し合戦。
周りを見ると自分は2位に着けていることがわかったのでもう死ぬ気で押しまくる。
途中で休めば後ろから迫ってくるからまた逃げる。
で、なんとかクラス2位準優勝をゲット!!

そして表彰式では娘を連れて高い所へ。去年の原チャリ耐久に続いて連ちゃんで表彰台ゲットですよ。自転車のレースじゃ絶対に有り得ませんからww

更に凄いのは、1位のライダーは国際A級のトライアラーで有名な佐伯竜選手です。
こんな方々と表彰台で並べるなんてなかなかないチャンスだねw
ほんと良い思い出になりましたよ。

それにしても自分が走った段階では遥か上に設けられたゴール地点まで行く事は絶対に不可能だと思っていたが、250や450といったモトクロッサーに乗った上手い人達はいとも簡単に登頂してしまう。 これは単にマシンのパワーだけじゃなく、技術も凄いんです。
 その証拠に同じ様なレーサーに乗っていても、俺のDT50とたいして変わらないか、それ以下の人も沢山いたわけでw

やっぱりこういうイベントは楽しいね。特にオートバイは排気量のクラス分けが細かいので割とフェアな勝負ができて、着を争う事ができるから楽しい。
自転車のレースも肺活量でクラス分けしてくれりゃいいのにw
今年はちょっとガルルあたりで暴れてみっかな〜、ナンテ
[PR]
by ridgerun | 2008-03-18 12:15

挑戦

d0123412_21234862.jpg

今日からいよいよ娘のピアノレッスンが始まった。
そしてこの時点から俺と娘の勝負が始まったってことだ。これからは娘が毎週与えられてくる課題を一緒にクリアしていって俺もピアノをマスターしてやろうという計画。
果たしてどの段階で俺が娘について行けなくなるのか、それが1年先なのか5年先なのかはわからないが、とにかくそれが楽しみ。

当然今の所は俺の方がピアノは弾ける。なんとか譜面も読めるし、叩き込みで覚えたリチャード・クレイダーマンの「渚のアデリーヌ」も多少は弾く事もできるし、単純な童謡程度ならウソ臭いコードをつけて両手で弾く事もできる。(かなりアヤシいけど)

しかし余計な音楽知識がまったく入ってないまっさらな頭の状態で、ホントの基礎から音楽を学んで行く娘に対し、独学ギターで培ってきた胡散臭い音楽知識に蝕まれたオッサンにはこのくらいハンデがあってもすぐにひっくり返されてしまうだろう。

だから俺はピアノを練習するときは頭の中を娘と同じ6歳児に戻し、ホントの1から勉強して行く事を決心した。真面目に取り組めば40才になるころにはある程度弾ける様になっているはずだ。
それを想像しただけでワクワクしてくるね。長年憧れた、「楽譜を読みとりながらピアノを弾く」 これができれば毎日の生活はどれだけ楽しいものになるだろうか?
ちょっといいなこの曲、と思ったらサラッと弾けちゃったり、その頃には娘もそれなりに上手くなってて、俺がギターでセッションしたりして。

う〜ん、楽しそうな音楽ライフだ〜w

とにかく娘にはこれから先、どんなにやりたくないと言おうが絶対に続けてもらう。
本人の為でもあるが、それ以上に俺の為でもあるのだww
[PR]
by ridgerun | 2008-03-06 23:30

バレちゃったから・・

仲間内には秘密にしとこうと思ってたんだけど、その日のうちにバレてたみたいw
しかも本人は掲載されてたの知らなかったという・・ww
d0123412_19545377.jpg

年明けくらいに読売新聞の記者さんから、「北海道に別の取材でいくついでにスパイク自転車の取材をさせて欲しい」とメールを貰い、結構急だったのもあり、図々しくも私がお引き受けした次第です、ハイ。

白石サイクリングロードを中心に写真を撮って話をして、割とすぐに終了。
散々走らされてお蔵入りしたNHKのテレビ取材の時とは大違いですw
ちなみに今回はウイリーは封印しましたよww

そしてそれから一ヶ月以上経っても一向に掲載される気配が無く、あ〜またボツったか〜なんて思ってたら知らないうちに出てて、某ブログであれは誰だ?という論争が巻き起こってましたw
北海道では当然「道新」が圧倒的なシェアを占めているわけで、読売のしかも夕刊なんてそうそう見る人はいないだろうと思って黙っていたわけだけど(読売さんゴメンナサイ)、そうでもなかったみたい。

だけどスパ狂を立ち上げたお陰で雑誌にも新聞にも出れたし、テレビ取材もきた(ボツったけど)
こんな些細な記事でも自分みたいな一庶民にとっては貴重な思い出になります。

さあ、あとは何をやればメディアの注目を集める事ができるかな?
例えば真冬にオートバイで子供とタンデムで野宿で北海道一周とか・・、ダメだな。
間違いなく非難を浴びそうだw
[PR]
by ridgerun | 2008-03-04 20:21

久々のレジャー日和

ここんとこ週末と言えば、ドカ雪&吹雪。外に出る気も起きない様な天気が続いていたが、今日は晴れて気温も高い。
たまには娘をスキーにでも連れて行ってやろうと外出。

とその前に、セキスイハイムスタイジアム(元はアイスアリーナ競技場?)にて開催されているMTBの耐久レースに寄って行く。
このレースには自分もエントリーしようとギリギリまで悩んでいたが、自転車競技からは足を洗った身なので止めましたw
だって俺、フリースタイラーですから(逃げてるだけじゃないかって? そうだよ、だって辛いんだもんw)

会場に着いて知り合いに一通り挨拶をする。気温が高い割には路面も走りやすそうで、なんだか凄く楽しそうな雰囲気。
やっぱりこういったイベントは参加しないと意味ないんだよね〜。 でも出ませんよ、俺は。
d0123412_11339.jpg

冬のレースだってのに半袖だし・・。さらに薄着の人もいたけどw

その後、レースを途中まで見送りスキーに出発。近場のフッズへ一家で向かう。
ここは普段ナイターしかこないんだけど、日中はなかなかの盛況振り。でも混雑している訳では無く、これくらい賑やかな方が楽しいね。
d0123412_1161535.jpg

当然下の娘はまだスキーなんてできないから、妻と交代でキッズゲレンデでソリに乗せてやったりして遊ぶ。
d0123412_1191615.jpg

しかし4時間券を買ったにもかかわらず、なんかやたらと疲れがたまっていた様で、1時間程残してリタイヤ。
帰って簡単なひな祭りパーティーをやって早々に就寝。

久々にリフレッシュできた休日で良かったかな。
[PR]
by ridgerun | 2008-03-02 11:11