自転車&オフロードバイク&川釣り&ピアノをこよなく愛す、ダメ社会人リッジの愚痴を聞いてもらいます。


by ridgerun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

部屋探し

この週末もびっちり新居探しで潰れた。
良い物件があっても、娘の通学区域から外れてしまったりなんだりで思う様に行かず、かなりの件数を見て回った。
幸い世話になった不動産屋の営業マンが凄く親身になってくれたお陰でどうにか条件の合う家を見つける事に成功。

ちょっと家賃は上がってしまったが、今回は念願のガレージもゲット!しかも結構広くて、奥に部屋の様なスペースも有る。
さらに車は中には入れずにガレージ前に置けるので、まさに部屋の様に使う事が可能。
これでいくらでも自転車&バイクをイジリ倒すことができる。これでもう休日に会社の倉庫で作業して、不審者に間違われて通報される心配も無くなったってことだw

で、色々な物件を見て来た中で一見強烈なところが有った。
それはアパートにくっ付いている大家さんが住む部分で、一階がやたらと広い車庫。どのくらい広いかと言うと、メインの場所に車が3台は余裕で入り、他にも6畳程の部屋が付いてたりと、ガレージ主体で見るとまさにパラダイス。夜中でもサンダー使いまくりOKといった感じ。

そして住居部分も凄い。5LDKで各部屋ももの凄く広くてキッチンだけで6畳ある。仏壇入れる所もあって、まさに田舎の実家って感じでw さらに庭にはベンチが置かれ、家庭菜園も自由自在だし。

この凄いスペックの家がなんと65,000円で借りられるのだ! 凄いでしょう?田舎ならまだしも札幌でこれはなかなかないですよ。まぁ北郷ですけどね、えぇ。

だけど当然問題はある。古いのだ。築30年近くは経っているであろう家で、風呂も今どきのユニットじゃないし、それ相当にくたびれてはいる。でも住む分には全然問題の無いレベル。

で、どうしてそんな素晴らしい所に決めなかったのかっていうと、まず娘を転校させなきゃいけないっていうのもあったが、なによりもそこまでの広さは求めていないということ。
絶対もてあましちゃうね。広いっていうことはそれだけ光熱費もかかるしさ。
そして今みたいに子供が小さいうちはちょっと狭いくらいの方がいいんですよ。その方が家族のコミュニケーションがとれるでしょ?
あまりに広くて一人に一部屋当たっちゃうような家に住んじゃうとなんか家族がバラバラになっていくような気もする。ま、それは無いだろうけどw

とにかく最終的に決めた家で正解なんだ。車庫付きで適度な広さで、造りも今どきで新しい。
今回の一連の騒動で一時はどうなることかと悩んだが、結果的にはまあまあ良い方向に向かったと思う。金の面もこちらが有利な立場だったこともあり、とりあえず納得の行く額で折り合いもついたし。
これが災い転じて福と成すってやつか? まだわからんけど。

しかしこれからまたあの面倒な引越し作業がまっている。5月半ばには終らせなきゃいけないからしばらくは遊ぶ暇はないね。
[PR]
by ridgerun | 2008-04-27 23:06

現実逃避2

昼過ぎあたりまで時間を貰ったのでS川に行ってきた。
この前のような事があったら嫌なのでトランポ出そうと思ったけど、面倒なので止めた。
スピード取り締まりにビクビクしながらの公道走行は疲れる。オンロード趣味の人達は楽しいのかね?こんな状況の中で走って。

現地では忍者さんのGASGASや、セロハスさんのハスクなんかを試乗させてもらった。
やっぱレーサーは軽いやね。ちょっと憧れるけど、俺みたいにほんとに遊びならランツで十分だ。

今日は自走のトレール組がいなかったので、ほとんど一人でEDコースで練習した。この前来た時よりかはだいぶまともに走れる様になったかな。
なんせ今回は前後ちゃんとしたオフタイヤですからw

で、気付いたけどこのランツ、思ったよりトラコン効いてるかもしれん。だけどそれに助けられている感はあまりなく、逆にここでちょっと滑らして向きを変えよう、と思った時とかに邪魔される感じ。
まぁはっきりいってあまりありがたくない機能だなw
でもいいんだ、べつにこれでレースやろうっていうんじゃないんだから。

そうこうして昼過ぎには撤収して帰宅。
その後家族と不動産屋へ。

実は今悩んでいるというのはこの事で、なんとまた引越ししなきゃいけないんだ。今の家にはまだ1年ちょっとしかいないっていうのに。
あ〜面倒臭い。やってられんよまったく。今回は今までの引越しとは違って、色々と制約が多く、おいそれとはいかないんだよ。
娘の学校区域の問題とか、俺が養ってる2輪鉄馬達の置き場所とか悩みは尽きない。

もう疲れたわ・・(;´Д`)
[PR]
by ridgerun | 2008-04-20 22:16

凄すぎるMTBライダー

今日仕事で車を走らせていると、前方に2人組のMTBライダーが走ってた。それはよくある光景。

しかし、後ろを走ってるライダーに何か違和感が・・。
近づき追い越し様によく見ると、なんとその人は右足が腿の付け根から全く無く、左足だけで漕いで走っているではないか!
それもバシッとレーパンを履いて本格的な装備で。

おそらく事故か何かで右足を失ってしまったのだと思われるが、いやまぁほんと大したもんです。素直に尊敬してしまいました。
できれば止まって少し話をしたかったくらい。発進時はどうしているのか? 登りは大変じゃないのか? もし右にバランスを崩した場合のリカバリーはどうしているのか? 等々聞きたいことはいっぱいある。

札幌で行われるMTBレースでも片腕が義手で走っている人は見た事があるが、まさか完全に片足が無い状態で自転車を趣味にしている人がいたとは恐れ入った。
どんな逆境に立たされてもやる気になれば何でもできるんだということを教えてもらった気がする。
もちろん健常者とまったく同じ様にというわけにはいかないだろうが、それでも十分自転車というスポーツを楽しめる事には違いない。

俺は昔からハンディキャップスキーとかパラリンピックの陸上競技を見るのが好きである。
もちろんそれはバカにして面白がって見ている訳ではない。
単純に彼らが凄いから。普通の人には絶対できない事をやってるというのは凄い事。
俺はどんな世界でも「スゲェ!」と思うものを見ると感動するし、幸せになる。

そんなわけで今日はなんか凄い勇気をもらった気がします。
[PR]
by ridgerun | 2008-04-15 20:47

現実逃避

日中、家の用事を済ませ、夕方から自転車で走った。
限りなく普段着でMTBに跨がり、エルフィン往復+αで40kmくらい走ったかな?
たかがこんな距離でも久々にまともな距離走ったのでけっこうやられたw
d0123412_204033.jpg

実は現在とても大きな悩みを抱えており、何もしないでいると精神的にどうにかなりそうな状態だったので、一時でもそれを忘れたかった。

実際ペダルを漕いでいる間はほんと嫌な事も思い出すことも無く、途中の黄昏れスポットで休憩したり、アイヌネギスポットに入って状況確認もしてきた。
やはりまだちょっと早いかな。やはり勝負はGWあたりだな。

その前にまずは山ワサビを収穫しなくては。
[PR]
by ridgerun | 2008-04-13 20:18
ハンドガードやバークバスターといったガードを固定する金具、これ無くしちゃったり、壊れて再使用できなくて困ってる人は意外と多いと思う。
俺もその一人で、なにか良い方法はないかと考えた末、なかなか具合良いのができたんで紹介しようと思う。
まぁ補修部品としても売ってるらしいのだが、自分で作れば左右1セット300円程度でできるので、貧乏で自作好きの人に参考になれば嬉しいw

まず用意するのは、下の写真の左側のグリップアンカー。サイズは太さ16ミリくらいの4分と呼ばれるヤツ。
右のはオールアンカーと呼ばれるやつで、これはダメ。ガード固定側のネジが太すぎるし、再利用がきかないから。
d0123412_22561187.jpg

そしてこのグリップアンカーに元々ついてるクサビ形のコマは使わないので取り外す。
次にM8のロングナットをサンダーで削りクサビ型にする。コイツがバーの中でアンカーを押し広げる働きをする。
アンカー本体側もガードと接する部分が上手くかみ合う様にサンダーで削って加工。これで供回りしない。
d0123412_2302991.jpg

あとは適度な長さのM8ボルトで、純正品のアンカーと同じ要領で固定。
d0123412_2335964.jpg

かなりガッチリ効きます。間違いなく純正の物より強く固定できます。
なによりD.I.Y魂が最高に満たされますw
[PR]
by ridgerun | 2008-04-11 23:12

入学式

早いもので上の娘が小学生になり、月曜は入学式があった。
校舎前でお決まりの記念写真ももちろん撮るw
d0123412_221557.jpg

それにしても今は子供が少ないんだな。3クラスだが、1クラスに24人しかいない。
俺が子供の頃はあんな田舎でももっといたよな。現代の少子化問題というのを実感した気がする。

式が始まり新1年生が入場してくると、皆バシッとスーツで決めている中で一人だけ明らかに普通ではない子がいる。
女の子なのだが、エナメルの超ミニスカートにピンクの網タイツ、靴はハイヒールみたいなのを履いてるし、頭はキャバクラ嬢みたいな凄いやつw
写真もあるのだが、さすがに誰が見ているかわからないので自粛しとくww

しかし話には聞いていたが、ほんと色んな人がいるもんだね〜。
きっとこの中にも今話題のモンスターペアレントと言われる、給食費払わないとか、とんでもないクレームをつけるといった様な親とかいるんだろうな。
そういった人達とこれからしばらく関わっていかなくてはならないのかー (;´Д`) ヤダヤダ

まぁそんな程度で他は滞り無く式は終了。各自教室に戻って先生の話を聞く。
担任は女の先生か。優しそうでまあまあいい感じか。わからんけどw
d0123412_2227080.jpg

これから先娘は、楽しい事も辛い事も色々経験していく事だろう。
とにかく気の合う友達を見つけて楽しく学校生活を送っていってくれる事を願うばかりである。
[PR]
by ridgerun | 2008-04-09 22:31

S.O.P大集会

にランちゃんで参加。ただ一つ問題があって、リアが限りなくロードタイヤw
色々問題あって交換が間に合わず、まぁなんとかなるべとオフロードをナメた考えで出発。

新川通りでは白バイ4台と俺とで隊列作って走行。勘弁してよorz
現地に着くと、色んなグループが沢山いてどこかわからない。
どうにかレッドさん達を見つけ出し、合流。
d0123412_15313075.jpg

その後、忍者スクールに参加して練習コースを走る。
うん、なかなか楽しいコースだね。ただで走り放題ならまずまずでないの?わざわざ有料コースいくまでもないかも。

心配だったリアタイヤも基本ダートならそんなに問題はない。意外と攻められるし。
ところが後半の海岸線の砂浜コースアタックで死に目を見る事に。
急な砂のアップダウンが連続するこのコースでは案の定リアがまったく喰いつかず、重たいランちゃんを押しまくる。
こりゃダメだと途中でリタイヤし、砂浜を優雅に走って皆より先にピットに帰還。

で事件はここから。前タイヤをみると何か丸い物が張り付いている。なんだろう?と思い取ろうとすると、「プシュ〜」
やっ、やべえ!画鋲じゃねえか! と焦って刺し戻すw
こういうのは下手に抜かずに放っておいた方が良い場合もある。刺し戻しで上手くチューブの穴に画鋲の針が刺さったのか、その後エアーが漏れる気配は無く、なんとかこのままもたせて家に帰ってやろうと無謀な決断。

石狩を出発してあいの里あたりで限界が来て走行不能に。しかし今日はもしもの事を考えてホルツの修理剤だけは携行していた。神にすがる思いで充填して、とりあえず復活。

しかし! 思っていたよりチューブのダメージが大きかった様で、東苗穂あたりで再び走行不能。
ペチャンコのタイヤで徐行しながら、一番近くにあるアウフさんに助けを求める。
ここ、アウフさんはBMWビッグバイクの専門店で、そういった高級車に縁の無い俺は本来行ってはならないショップだw
しかしここはBMW専門店でありながら冬バイク専門店の顔も持っていて、俺のDT50のスパイクタイヤもこちらでお世話になったもの。スパイクに関するノウハウはかなりのものです。
そしてそんな高級車専門店であるにも関わらず、俺みたいな貧乏人にも気さくに対応してくれる素晴らしいショップなのです(*^_^*)

そんな訳で多少面識があったのが救いで無事チューブを交換してもらい帰る事ができたわけだが、パンクごときでバイク屋さんのお世話になってしまったのは不覚である。
今まで、心配性の俺はたいがいスペアなんかも持ち歩き、自分でなんとかしてきたから。

しかし今回のは完璧に自分の判断ミスだな。石狩で画鋲に気づいた時点で誰かしら仲間の戻りを待って、修理してから帰るのが正解だった。トランポ軍団があれだけいたのだから道具にも困らなかっただろうし。

失敗、失敗・・・
[PR]
by ridgerun | 2008-04-06 20:18

地元から出張できている友人と一緒に、東札幌にあるレインボークリフに行ってきた。
そう、フリークライミングのあれです。人工壁を登るヤツ。
d0123412_0503951.jpg

よくゲームセンターに併設されているような壁とは違って、スケールがデカイ!
天井なんてほんとに逆さで、こんなところ人間が張り付いて登るなんて到底不可能に思える。

とりあえず自分達は道具もすべて貸してくれる体験コースを選んだのだが、今まで知らなかったルールなんかもあったりして、これは立派なスポーツなんだなと感じた。
例えば決められた色の石しか使ってはいけない等、ただ登ればいいのではなく、割と細かくルールがあるのだ。

そして実際に壁を登るわけだが、これがキツいのなんの。前腕なんてすぐにパンパンに張ってしまい感覚がなくなる。
やべぇ、こんなんじゃピアノのお稽古に支障がでてしまいますw

しかしインストラクターは信じられないほどにスイスイと登っていく。よくチカラではなく、体の使い方だ、なんて言葉を聞くがどうやら本当のようだ。
自分も上手い具合に足の位置が決まったり体重移動ができるとスルッと上がれたり、なかなか奥の深さを味わった。これは楽しいねw

その後ちょっと太めの地味な女の子が来て、最初見たときは「ああ、この子も体験コースだな」なんて思っていたが大間違い。
なんとその彼女はメインの壁をスルスルと登り、天井部分までも全て制覇してしまったではないか。( ゚д゚)ポカーン

いや〜久々に衝撃を受けたね。やったらわかるけど、ほんと有り得ませんから。

とりあえずここの会員になってしまったから、これからもたまに来てやってみるか・・。
そうなるとまた専用シューズが欲しくなったり(略

ダメだダメだ! これ以上趣味増やすわけにはいかんのよ。
今日の事は楽しい夢を見たって事にして忘れるかw
[PR]
by ridgerun | 2008-04-06 01:10