自転車&オフロードバイク&川釣り&ピアノをこよなく愛す、ダメ社会人リッジの愚痴を聞いてもらいます。


by ridgerun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

政権交代

いやね、別にまじめな政治話しようってんじゃないんだけどさ。
予想通り民主が圧勝したみたいだけど、今回自民から民主に乗り換えた有権者ってどこまで民主の内容理解して投票してんだろうね。
なんか麻生一人のイメージで自民党はダメ、だったら民主党にしよう、程度の考えで投票してる人多いよね絶対。
もっとも俺なんかもどっちが良いのかなんてわかりもしないけど。

それで私ら一般ピーポーはやっぱり「子供手当」とか「高速無料」とかっていう身近な政策が気になる訳で、今日会社でも「高速は本当にタダになるのか?」なんていう話題がありました。

これ、俺個人的には高速無料化にはあまり賛成できない。財源云々っていう話じゃなくて、高速がタダで一般道感覚になんてなってしまったら、間違いなくアホドライバーが急増する。

こう思ったのは、ETC休日1000円が始まった頃から感じていたんだけど、ほんともうマナーがめちゃくちゃになってきてるんだよね。

例えば田舎方面の一車線区間で、70km規制の所を90〜100で走っていてもベッタリくっついてきて煽りまくる、あげくの果てに左から無理矢理追い抜いて行く奴らが出現しだしたのだ。一車線区間でだよ?
それとか追い越しレーン終わりかけでも関係無くどんどん割り込んでくるとか、車間距離なんて関係無いっていう運転する奴ら、あと右車線では自分より遅い車は許さない的な運転をする奴とかそりゃもう酷いのなんの。

俺18才から20年近く車運転してて、数えきれない程高速を走ってきたけど、普通に料金を払っていた頃はここまでアホな事する車は一度も見た事がなかった。
見た目にガラの悪いヤンキー車や走り屋みたいなのでも、そこまでするやつはいなかったよね。

やっぱりそれまでは高速道路って「高いお金払って走らせてもらう特別な道、ルールは守らなきゃいけない」みたいな感覚が誰の心の中にも多少はあったんだと思う。

それがどうだろう、1000円で走り放題なんて言われて何を勘違いしたかのごとく無法者が横行しだした。これ絶対間違いないよ。
特に帯広の道東の高速は酷い。バカばっかりだからw

今でこれなんだからこの先完全に無料だなんてなったらおそらく酷い事になると思うよ。
それこそ昔の首都高バトルじゃないけどそういうやつらもいくらでも出てくるだろうし、考えただけでおっかなくなってくるね。

安くなるのは嬉しいけど、それによっていろんな弊害もでてくるよ絶対。
もし本当に無料にするんだったら今の数倍は取り締まり強化でもしてくれないと恐ろしくて走れんわ。
[PR]
by ridgerun | 2009-08-31 21:56

納車しました(^O^)/

ちょっと色々あって、我が家のファミリーカー兼トランポを新調しました。

車種は、またサンバーですw

d0123412_20301461.jpg


しかし!今回のは前のポンコツとは違って、サンバーシリーズ最高峰のフルオプション車! しかも新車!!
この不況で会社もいつぶっ飛ぶかわからないっていう状況の中、半ばヤケクソで購入決意。
予算無いのに色気出してビレットグリル入れちゃったりして・・


高い・・高いっすよ・・軽1BOXの新車は・・(;´Д`)

探せば中古なら現行型エルグランドも買えちゃうね、マジで。

じゃなんでそういう大きい車買わないのかって?

それはずばり、必要にして十分だからです。 
バイク積むって言ったってそんなの年に数回草レースに出るときぐらいなもんで、その年に数回だけの為に必要以上に大きい車はムダなだけだ。それに我が家の車の使用目的はほとんどが妻の通勤や買い物、子供の送迎であり、ご存知のように俺は通年2輪車生活でめったに車を使わない。さらに俺は車嫌い、ドライブ嫌いときたもんだ。

なもんだから、ハイエースとかでかいのだと普段は邪魔なだけなのである。妻がパートにアルファードで通うなんてどう考えてもおかしいでしょ?w
あとはやっぱり軽だから維持費も格段に安いってのもあるね。それでいて広さを始めとした、道具としての使い勝手は下手な普通車以上ときたもんだから、様々なバランスを考慮した結果この車以外に選択肢は無い。それほど素晴らしい車ですサンバーは。

で、今日ディーラーに引き取りに行ってきました。久々の新車の香りはたまらないね、やっぱり。
ちなみにこのサンバーディアスワゴンは先月に生産打ち切りで、ラストオーダーにぎりぎり滑り込んでゲットした、おそらく全国で最後から何番目ってぐらいの本当の最終モデルである。
バンの方はまだもうしばらく買えるそうだけど、5ナンバーのワゴンはもう買えない。

だからこれからスバル行ってディアスワゴン下さいっていうと、ダイハツのアトレーOEMが出てくるのだ。
まったくもって話にならんわ・・、俺は去年までアトレーだったんだけど車としての性能はサンバーには到底及ばない。確かに室内外のデザインは今風で豪華だけど、セミキャブの運転のしづらさや狭さ、リジットアクスルのリアサスの極悪な乗り心地、シート下エンジンの騒音等々・・、もう絶対にアトレーは選ばない。

やっぱサンバーよ、サンバー。一度乗ってみればいかにこの車が優れているかがわかるのだが、いかんせんそのカッコ悪さに多くの人が最初から敬遠してしまうという可哀想な車でもある。
車は見た目じゃないんだけどねぇ・・。っていうか俺も去年あるきっかけで実際にサンバー乗るまでわからなかったわけだが。
フルキャブ、リアエンジン、軽なのに4気筒、4輪独立サスペンション、ターボじゃなくてスーパーチャージャー等、他メーカーの同カテゴリーのどの車とも違うこだわりの機構は全てちゃんと意味が有った。


ってなわけで家に帰って早速車内を俺仕様にする。カーナビやらなにやらの快適装備を装着し、究極の軽自動車のできあがり。
d0123412_21201396.jpg

あいかわらず広い車内。内装は撥水生地のタフパッケージ仕様。
フルサイズのオフ車はもちろん、1300ccの隼がまっすぐ入るっていうんだから無敵だあね。
妻は「新車にドロだらけのバイク乗せるなんて許さない」とか言ってるけど、そうもいかないんだわ、こればっかりはw

でもこいつは大事に乗るよ。なんていったってもう買えないんだから。

50才まで乗ろうっとww
[PR]
by ridgerun | 2009-08-29 21:38

いまさら盆休みの記録

いやぁ私、連休の後って必ず更新が遅れるんですよ。
色々思い出しながら書かなきゃならんので面倒なんだよね。 っていうかブログ自体がもう面倒なわけで。
でもこのブログもかれこれ4年以上続けているもんだから、今やめるのももったいないっていうか。
後で読み返すと楽しいし。

ってことで簡単に書いときますか。

8/13〜15
盆休み開始。お決まりの実家帰省。たまにはどっか違う所に旅行とかしてみたいけど、それはそれで金もかかるし混んでるとこ嫌いだしで、結局実家が子供も喜ぶし自分も楽なんですわ。

当然高速を走るわけだけど、凄い数の車だった。渋滞するわけではないけど、北海道の高速がここまで混んでいるのを今までの人生で見た事が無いくらい。
そして驚いたのが、ETC装着率の低さ。1000円割引中だってのに、現金レーンに入って行く車の多い事! アホかこいつら?とか思ってしまうわマジで。(付けてない人ゴメン)

地元では主に子供達を遊ばせることが中心になるので、盆踊りに行ったり
d0123412_2128141.jpg

蒸気機関車に乗せたり
d0123412_21285773.jpg

ゴーカートとか・・
d0123412_21292337.jpg

と、こんな感じにできるだけ楽しい思いでを残してあげられるよう頑張りますw

天気もいまひとつパッとしなくて夏らしさはなかったけど、まぁそれなりに遊べました。
そして15日の夜には札幌に帰ってきた。翌日の林道ツーリングに参加したかったんだけど、なんだかんだと家の事しなくちゃならんし、娘が夏休みの工作なにも手を付けてないっていうもんだから、仕方なくそれの手伝いをする事に。甘いな〜、こういうのは自分でやらせないとダメなんだけどどうしても手を貸してしまう。俺はちゃんと自分でやっていたような・・・どうだったんだろ?

以上、何も面白みの無い内容ですな。いいんだ、単なる記録だから。



あ、それとちょっと余談ですが、俺には甥っ子がいます。まだ小学生なんだけど、こいつのピアノが凄いんだこれが。本人は嫌がっていたけど無理矢理ビデオを撮ってきた。ほんの一部ですが・・

凄いでしょ? 一応本人の名誉の為に書いておくけど、この曲は去年の発表曲で楽譜も無いし久しぶりに弾いたのでミスりまくりだからアップしないで欲しい、との事ですw
とは言っても俺が聴いてもどこ間違ってるかわからんし、ほんと天才少年にしか見えないのですよ。
しかも少年野球と両立してやっていて、かつ勉強もそれなりにできるっていうんだから大したもんだ。これはまさに俺が思う、「完全体」になる素質を持っているようだw

しかしたった数年でここまで弾けるって凄い事なんだけど、実は俺もずっと勘違いしていた事が有る。
それは、「幼い頃からピアノを習っていれば皆こういう風に凄い曲を弾けるようになる」って思っていた事。おそらく他の大多数の人もそう考えていると思うけど、実はそうじゃない。

ピアノ教室で与えられる課題をただこなして行くだけでは何年続けていても大した曲を弾く事もできないままというのが普通で、それとは別に特別な練習をしないとこういった難しいクラシック曲を弾ける様にはならないのである。
(もちろん例外はいる。何かの生まれ変わりとかそういう天才はこの際無視w)

実際この甥っ子も、母親(俺の姉で、俺よりもキレやすいw)からの超絶スパルタ教育で、時には鼻血を流しながらもやってきたっていうんだからその努力の程が伺えるw

いいなぁスパルタ。俺もスパルタ教育受けたいよ・・
もう嫌だっていうくらい同じフレーズ反復させられたり、自転車やバイクで前輪を地面に着けたら殴られるとか、気絶するまでバーベルスクワット止めさせてもらえないとかw

もちろんその時は辛くてたまらないんだろうけど、それは後で絶対に結果として現れる。

いいか甥っ子よ、今は大変かもしれんが頑張って続けるんだ!

そうすれば将来お前は、「完全体」を手にする事ができるのだから!ww

d0123412_22245756.jpg

[PR]
by ridgerun | 2009-08-26 22:29

イーグルカップ

日曜は千歳のHOPでイーグルカップ2時間エンデューロでした。
で月曜の今、背中と腰が信じられないくらいに筋肉痛で仕事はもちろん日常生活にも支障をきたしておりますw

そんなわけで忘れないうちにレポート書いとこう。

日曜朝7時半、代車サンバーにランツァを積んで無理矢理家族4人乗るw
高速を走り千歳の出口あたりから大渋滞! そうか今日は航空祭があったんだ(;´Д`)

渋滞にはまりつつも無事に会場入りすると、すでに自走の岳伝先生がいた。
その後もしげさんやれっどさん達も集まり、スタートまでまったり過ごす。

天気も良く、試走一周しただけで暑さと砂コースにやられ腕パンパン。
こんな砂地獄まともに走れねーよと、かなり弱気にw

そしてスタート。思っていたよりエントリーは多かった。
d0123412_20162773.jpg


もう一周目からいきなりコケる。この周だけで3回はコケたかもしれないw
とにかく走りづらいコースだ。全面ザクザクの砂でフラットな所もあまり無く、ちょっと気を抜くとすぐにフロント取られてぶっ飛んじまう。

足着きまくりでカッコわるいったらありゃしねえ
d0123412_20202375.jpg


特にほぼ全員が苦戦していた、砂地獄ヘアピンなんて何回コケたかわからん。結局最後まで一度もまともにクリアできなかったよ。

そして最悪だったのが、スタートして割とすぐになんと2stオイルの警告灯が点く。
前日かなり入念にマシン整備をしたにも関わらず、2stマシンなら基本中の基本であるオイル量の点検を忘れていたのだ! 

まぁこれが点灯してもしばらくは大丈夫なんだけど、精神衛生上良くない。ただでさえ余裕ないのに、視界の中であの赤いランプが常に光っているとどうしても気になる。アホだわホントに・・

んで後半、もう暑さと疲れでただのツーリング走りになってしまった。座ったままタラタラ走ってたら後ろから岳伝WRに抜かれる。

ここで「クッ! 俺に喧嘩を売るとはいい度胸じゃねえか!」とばかりに猛追開始!

しかしなかなか追いつけねぇ・・

「グゥ〜、な、なかなか速いな・・、クソッ! さ、さすがに・・若い!!w」

こんな事考えながら走ってたら両腕つりましたw もうブレーキレバーに指をかけようとしても指を開く事もできない状態に(;´Д`)

そしてそのまま例の地獄ヘアピンであっさりコケる。 んで前を見ると岳伝WRもコケてたw

ここぞとばかりに素早くバイクを起こし抜き返す!

さらにその後のコーナーで一段高くなったラインを走っていると岳伝WRがぴったりと付いてきた!

そこで俺は激しくリアタイヤを空転させ、ラリーX(←わかる人はおっさん確定)ばりの砂煙攻撃でヤツを奈落の底に突き落としてやったぜ!
(うそです、後ろにいるの知らなかった。わざとじゃないよww)

そんな感じで自分なりに頑張って走った。ラップタイムの遅い俺はとにかく休まずに走り続けることでしか成績を上げる事ができないので、一度の小休止だけであとはとにかく走り続けた。

その甲斐あってかリザルトでは18周、周回数だけで見るとだいたい15位あたりにつける事ができた。赤ゼッケンもわんさかで全部で50台以上はいたからこれはまずまずの成績だ! 頑張ったじゃないか俺!!

まぁ他の皆があまり本気で走ってなかっただけかもしれんがね・・(^_^;)
れっどさんなんてほとんど撮影部隊やってたし、しげさんも森の中でバイク修理してたしw

でも楽しかったな、サンドコースは走りづらくてホントに嫌だけど、今回でちょっとは上達したような気もするし。
やっぱたまにはこういう遊びは必要だな!


おまけ。すっげ〜カッコいい俺の動画。チェックポイント手前。かな〜り疲れてますw

[PR]
by ridgerun | 2009-08-10 21:11

長い一週間

なんか先月末あたりから急に仕事忙しくなってきやがって、さすがに疲れてきた。

まぁこのくらい仕事量無いとマジでいつ潰れるかわからん状態なんで良しとするかー

とは言っても相変わらず下らねえ仕事で嫌になるが、その下らない仕事で飯食えてるのも事実なワケで・・仕事あるだけ幸せだよね、今の時代(;´Д`)


そんなんでこの一週間はやたらと長い。明日はやっと金曜日だ。

で、週末は楽しみにしていたイーグルカップに出ます。

レース後の焼き肉がメインみたいな感じのゆるいレースらしいけど、そうは言ってもそれなりに熱くなるんだろうなw

でも俺自身はあまり気合い入ってない。

いやほら、バイク遊びはちょっと控えようと決意したばかりで、実際一ヶ月以上乗ってないし。
でもせっかくモトパン&モトジャーも揃えたんだから一回くらいは使わないともったいないっしょ?w
 
タイヤもリアは5分山の死亡タイヤでやる気無さ過ぎw これでHOPのサンドコースは厳しいべな〜

そうそう、サンドなんだよね、サンド。
俺はマディとサンドはやたらと苦手なのよ(それってただ下手クソってことだろ)

いやだな〜こわいな〜 フロント刺さってコケたりするんだべな〜

っていうかHOPのEDコースってどの部分を言ってんだ? 何も知らないコースでのレースって怖いんだよね。でも今回はレース前にフリー走行の時間があるみたいだからなんとかなるかな。

ま、とにかくいつも通りケガしない事を最優先にレースに挑みますw



気分転換できればそれでいい・・それでいいのですよ・・・(´;ω・`)
[PR]
by ridgerun | 2009-08-06 23:18

いやぁ〜面白かった

日曜日は岩見沢グリーンランドへ行ってきた。

前日から雨が降っていたが朝にはあがり、どうにか持ってくれるだろうと決断して行ってきたのだが・・

現地に着いても雨。降ったり止んだりを繰り返しつつ、一時はけっこうな土砂降りもorz
なんとか後半は持ち直しましたが。

そんな状況でも子供達はそんなこと関係無いようで各アトラクションを楽しむ。
d0123412_2285447.jpg

そして上の娘もだいぶ大きくなったことあり、絶叫マシンなんでも来いの俺はそろそろチャレンジさせてみようと、北海道一距離が長いジェットコースター「轟音」に娘を乗せる。
びびりつつも乗り終えると「楽しい!」となかなか素質があるようだw

それに気を良くした俺はもう一つのコースター「龍王」へ連れて行く。これはループとコークスクリューが組合わさったやつでなかなか激しそうだ。
そして二人で乗ったのはいいが・・、この後事件が・・

走り出し最初のループを終え、「ぐおお! け、けっこう・・はげしい・・な・ゴワァ!」なんて悶絶しながら、「どれ、娘は楽しんでいるかな?」なんてふと隣を見ると・・!


うげぇっ!! 気絶してるぅぅ!!!!(((;゜Д゜)))ガーン!


娘は目を見開いたまま、くたんと首をもたげ、完全に意識を失っているじゃないか。
焦った俺は必死に「おい!しっかりしろー!目を覚ませー!おーい!!」と叫んで叩いてもまったく反応無し。
この最中もコースターはガンガン走っていて、もちろん止める事なんてできない。
しかもこの先にはまだまだ激しいコーナーや落差が残っていて、このままだと娘は頭を打ち付け、最悪首の骨を折ってしまうのではないかという恐怖でいっぱいだった。
俺もパッドで固定されているもんだから自由も効かず、それでもなんとか娘の頭を押さえて耐えた。

終点に近づくとようやく娘の意識が戻り、大事には至らずに済んだのだが・・

あぁ・・怖かった・・
今だから笑い話にできるけど、あの時はマジで死んでしまったのではないかと本当に焦った。
もし実際にそうなってしまったら全て俺の責任だと、乗せた自分を悔やみもした。
後でもう一度俺一人でその「龍王」に乗ってみたのだが、振動と衝撃が凄まじくて脳みそが痛い!
おそらく娘は脳震とうを起こしたんだと思う。やっぱり自分は大丈夫だからと、他人に無理強いするのはよくないんだなと深く反省しましたよ、えぇ・・

幸いその後娘は元気を取り戻し、最初に乗った轟音に「これなら大丈夫」と連ちゃんで乗るなど、それまでより元気になっていた。どっかおかしくなったのか?w

そんなこんなでアクシデントもあったが無事に遊園地を満喫したあとは、もう一つの楽しみが待っている。

それは「USAバイクサーカス」だ!
あのFMX(フリースタイルモトクロス)が来ると聞いてだまっていられるわけがない!
でもこんな田舎の遊園地のイベントだから、どうせ3流のライダーがしょぼい事やってるんだろうな、なんて思っていたのだが、それは大間違い。

そこに来ていたのは本場アメリカでX-GAMEに参戦するモノホンのエクストリーマー達だった!

d0123412_22364992.jpg

グラブホールが開けられたYZ、かっこいい〜

そしていよいよショーが始まるとそこはもう興奮のるつぼ! そのあまりのパフォーマンスに明らかにバイクには縁の無いおっちゃんおばちゃんから誰もが歓声をあげて盛り上がる!

その時の様子。生で見るとマジで凄い!


楽しかった〜、ほんともう感動しまくりだったね。さすがにバックフリップ系はやってくれなかったけど、それ以外はほとんどやってくれたんじゃないかな。
スーパーマンシートグラブから完全に手を離しちゃうやつなんかは会場から悲鳴が出るくらいでw、実際俺も心の中で、「あんたそれ絶対間に合わないよ」とか思ってたしww

でも奴らはちゃんと戻る。そのメイク率の高さは異常だ。
それもそのはず、なんとこのイベントは7月中旬から8月末までの一ヶ月以上、一日3公演を毎日やってるっていうんだから恐れ入る。

凄いよな〜、普通の感覚ではあんなの自殺覚悟でやってるようにしか思えないが、彼らにとってはごく普通の行為ってことなのか?
そうでなきゃ一ヶ月も毎日できないよな。異常だ、おかしい、クレイジーだ、凄すぎる。
さらにこの手の外人エンターティナーにありがちな、「メット脱いだら顔もカッコいい」ってんだからどうにもならん。神は不公平だわ〜

とにかく面白かった。まだ見てない人は是非見に行った方がいいよ。
岩見沢なんて近いし、コンビニで前売り入場券買って行けば1300円で見られるんだから。

俺ももう一回見たくなってきたよ。ツーリングがてらまた見に行こうかな。

誰か一緒に行かない?w
[PR]
by ridgerun | 2009-08-03 23:08