自転車&オフロードバイク&川釣り&ピアノをこよなく愛す、ダメ社会人リッジの愚痴を聞いてもらいます。


by ridgerun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先日トミカのびゅんびゅんサーキットを入手したわけですが、案の定それだけでは済まずこの短期間でかなりグレードアップしました。

新たに、「すいすいETCドライブ」と「高速道路にぎやかドライブ」の連結コース。

d0123412_21404261.jpg


これもまたかなり場所を取る大きさだが、前にも言ったように俺は常に遊べる状態じゃないと気が済まない。

ってことでわざわざコンパネを切って土台を作り、表面には防音と見た目を考えて緑色のパンチカーペットを貼ってジオラマっぽくしてみた。けっこう奇麗な仕上がりで自己満足度高し。
もちろんここのローボード上に常設ですw

どうだ、こんなおもちゃにここまで手をかける大人はなかなかいないだろう。
っていうかどんだけ暇なんだ俺・・

さらに車もけっこう仕入れました。全部中古車ですけどね、えぇ。
d0123412_21463944.jpg

この他にもまだあるけど、ガキどもがさっそく無くしやがった。
ちなみにこコースとかも全部中古。俺くらいのリサイクルショップマスターになるとこれくらいあっと言う間に最低限の予算で揃えられるのだ。びゅんびゅんサーキットとか全部合わせてもわずか数千円の出費。

お気に入りはこの2台。サンバーのパン屋さんトラックとランボルギーニ・ムルシエラゴ
特にこのサンバーは足回りが良いのかとても速い。今持ってるトミカの中で一番のスピードを誇る。しかし重心が高く、コーナーではやや不安定。
d0123412_21544693.jpg


下の動画はサンバートラックにバンバン煽られるムルシエラゴですw




一度にたくさん走らせるとこうなります。大惨事編。



う〜ん、楽しい。



こうして現実逃避をしているのです・・
[PR]
by ridgerun | 2010-03-30 22:03

とりあえず復活

いやぁまいったまいった。
先々週腰の痛みがピークに達し、遂に脚にもきちゃったもんだからさすがに病院行きました。

結果は予想通りの「椎間板ヘルニア」
MRI見ると5番?の椎間板が見事にやられてたorz
d0123412_23512040.jpg

この写真は俺のじゃないけど、ほぼこれと同じ感じ。

ブロック注射してとりあえずは治まってるけど、このままだと今後いつまた再発するかわからないので、手術して完全に治す方法も考えたけど、現実問題としてそう簡単にいかない訳もあり今回は見送り。
次また酷いのがきたらその時は決心しようと思う。

そんな訳で先々週は一週間近く会社休んでた。同時にけっこう酷い風邪もひいちゃったもんで。
現在は特注コルセット巻いてなんとか社会復帰してます。

んでここ数日は一気に冬に逆戻りしたような天気が続き、昨日なんて一面雪景色のツルピカアイスバーン。
こうなったら走りたくなるのが冬バイカーの性だ。DT50の方はまだちゃんとスパイクを履いたままなのでいつでも出撃OK。
窓の外を見てウズウズソワソワしてると妻に、「あんたちょっと考えなさいよ。腰だってまだ本調子じゃないし、風邪も治ってないんでしょ!」 なんて怒られちゃった。
まぁそれもそうだなと、おとなしくしてました。

だけどこれじゃあ今年は、っていうかこれからはあまり無理できないな。レースとか出て完璧に動けなくなったらシャレにならんしな。今シーズンはちょっと控えるかな。
まぁまだ手術すれば治るっていうからいいか。不治の病じゃあるまいし。

バイクには乗れなくてもやる事は色々あるんで、今日はようやくランツァのFフォークOHの続きに着手した。
冬の間に作った特殊工具のお陰で組み付けも完璧。
それとサンバーに積む時にフォークを縮めるんで、ついでにその対策も施した。フォークを目一杯に縮めるとオイルシールに負担がかかるのだが、その原因はフォーク内の空気だ。要は縮める時だけその空気を抜いてやればいい訳で、トップキャップに空気穴を開けてやれば良い。
当初の予定ではちゃんとタップ切って中空加工したボルトでも入れて格好良くする予定だったんだけど、面倒臭いのでただ穴開けてタッピングビス締め込んで終わりw 
いいのいいのこんなので。機能しさえすればそれでいいのだ。

で、無事に組み立て終わり、車体にも戻してタイヤを付けて完成!

と思ったらフォークブーツ付けるの忘れたorz  また抜けってか! いや、いいやとりあえずこのまま乗ってオイル漏れのチェックする事にしよう・・

ちなみに下が自作の工具。T型の長いレンチでこいつで中のフォークを繋いでいる部分を固定する事ができる。
d0123412_23332549.jpg

ここはインパクトとかでとりあえず一度バラさないと中のサイズがわからないから困ったもの。
このランツァのフォークの場合は、M18ボルト2面幅27ミリのボルト頭が使える。
もしここ見てる人で同じ作業で悩んでる人の参考になれば嬉しい。

他には基本的な点検、メンテもやっていつでも走り出せる準備は整った。
ついでに電動ポケバイにもバッテリーを積み込み、MTBのタイヤも交換して春に向けての作業をこなしていく。

楽しいわ〜
[PR]
by ridgerun | 2010-03-28 23:47

サーキットデビュー

ついに憧れの「トミカ びゅんびゅんサーキット」を手に入れたぜ!
d0123412_20295359.jpg

いやまぁヤフオクで中古の激安があったもんで。
子供達がどうしても欲しいって言うからさ〜、仕方ないから買ってやったんだよ。
仕方なくだよ、まちがっても俺本人が欲しくてたまらなかったわけじゃないですから、えぇw

小さい子供がいる人、特に男の子がいる家庭の人なら誰でも知ってると言っても過言ではない程有名なおもちゃなんだけど、このサーキットは動力の無いトミカのミニカーがもの凄い速さで走るんだよ。赤いゲートの所が、ローラー式のピッチングマシーンみたいになってて、そこでミニカーを打ち出す仕組みになっている。
俺が子供の頃はせいぜい立体駐車場みたいなものしか無かったんだけど、最近は面白いのがあるよね。

で今回やっと手に入れたんだけど、うちには肝心のトミカが全然無い。
有るのは先日のトミカ博の入場プレゼントみたいなやつしか無い。
d0123412_20353591.jpg

しかも同じ奴が3台。トラックはこのコース走れねーしw
ま、新車は追々追加していくとして、とりあえずこの赤い車を走らせて遊んでみたが・・

凄い! 速い! 名前の通りまさにびゅんびゅん走る!

これは面白いね、ボタンでレーンチェンジしたりピットインして給油してから再発車させたりというギミックも付いている。しかし基本的にただグルグル回っているだけなのですぐ飽きそうな感じがするけど、意外とそうでもない。
なんかこう何も考えずに遊べるっていうのがいい。逆に室内用のラジコンとかの方が飽きは速いかもね。

ここでちょっとトミカ以外のミニカーじゃダメなのかと、缶コーヒーに付いてくるチョロQの偽物みたいな奴とかをコースインさせてみたけど、こいつらは上手く走らない。ただ吹っ飛んで行くだけ。
構造的にトミカのスポーツカータイプの車じゃないとダメみたい。情報ではホットウィールっていうミニカーの相性が良いみたいだ。
d0123412_20394488.jpg


次に貴重なサンバーのミニカーも走らせてみた。
d0123412_2047033.jpg


そしたらこれもやっぱり上手く走らなかったんだけど、後ろから走ってくる赤いトミカにどつき回されながらコースを走って(転がって)いたw
かわいそうなんですぐ救出してやったけどww

だけどこのコース、ちょっとデカ過ぎだな。俺はこういうおもちゃって、使いたい時に箱から出して組み立てて・・っていうのが許せなくて、常に遊べる状態じゃないと気が済まない性格なのだ。
だから予定ではテレビ横のローボード上に常設しようと思ってたんだけど、これじゃ大きすぎて載らない。音もうるさいし。

これはやはり「やまみちドライブ」か「ETCすいすいドライブ」にしておくべきだったかな。
こっちだと車種を選ばずに、トラックとかも走らせられるし。
なんて言ってるといつのまにか全種類集めちゃったりするんだよな。
ダメだダメだ、他に必要なものいっぱいあるってのに、こんなトミカにハマってる場合じゃない!


とりあえず車は何種類か買ってこようっと・・
[PR]
by ridgerun | 2010-03-12 20:58

憧れる

あいかわらず下手なピアノを地道に練習しておりますが・・

やっぱり難しいクラシックは今の自分ではまだ無理だと悟りまして。
このまま身の丈に合わない曲を練習していてもストレスが溜まる一方だし、最悪挫折してしまうなんて事も無くは無いわけで。

というわけで現在は日本のポップスやゲーム音楽に手を付けましたw
やっぱりね、楽しく無いと何事も続かないんですよ。

で今なにを練習しているのかと言うと、「グラディウス」でありますw
そうです、あの一世を風靡したシューティングゲーム!このBGMがこれまたかっこいいんだよね。
なんか元気が出てくるっていうか、とにかくこれを自分で弾けたらどんなに楽しいのだろうと。
オープニングから始まってそれぞれのステージをメドレーで繋ぐという感じで、下の動画のほぼコピーになります。

素晴らしいでしょう? たまらんわ〜 憧れる〜

そんなわけで今は暇さえあれば練習しているんだけど、難しいクラシックとは違ってわりとサクサク進むから練習してても楽しいんだわ。まだ全然スムーズには行かんけど、先が見えるからやりがいがある。

そして同時にこれをやり込んでいた子供の頃の記憶が蘇る。あぁ、この面は苦労したんだよな・・とか、フルオプション状態でシールドの切り替えタイミングを誤って爆発し、また最初のノーマル状態から始めなきゃいけない時の切なさ、イライラ感。
悔しいけどもコナミコマンドを使ってしまう自分の弱さとかw 上上下下・・ってやつねw

そんな甘酸っぱい思い出からたまに息抜きでボスステージの曲をエレキで弾いたりして。これはかなり昔にコピーしたんだけど、ライトハンド使って再現率はかなり高し。

他にもスペースハリアーとかアウトランとかエキサイトバイクとかもちょこちょこ練習したりして、楽しいったらありゃしない。他にやりたいのは戦場の狼と闘いの挽歌、魔界村もいいね。

定番のスーパーマリオの楽譜もあるんだけど、これ意外に難易度高くていまいちやる気がしない。
有名なのはこれかな。とにかくこのニイちゃんは凄い。かなりの実力者だろう。



あとピアノじゃないけど、こいつらも面白い。バンドとしてはあまり上手くないけど、一生懸命さが伝わって来て良い感じ。



なんか俺もゲーム専門のバンドとかやりたくなってきちゃった。

誰か・・やらないか?ww


最後に誤解の無いよう1つ断っておくけど、俺はけっしてゲーマーではありません。
っていうかあんまりやらないほうだね。ゲームってなんか時間もったいないでしょ?
ただ小中学生の頃はやっぱそれなりにゲームはするから、その当時に頭に焼き付いた音楽が好きっていうだけ。

さて〜練習すっかな〜
[PR]
by ridgerun | 2010-03-09 22:36

うちの嫁さんは凄い

某所でセグウェイに乗ってきた。
d0123412_20555815.jpg

あまり乗り気で無い妻も一緒に。
まずお約束の肘、膝、ヘルメットといったプロテクターを着用させられるのだが、これって正直ウザイよね。
そんなのしなくてもいいじゃん、とか思うわけですが。
で、メットが上手くかぶれない妻に手を貸してやり、アジャスターを締めていると、「そんなにちゃんとやらなくても大丈夫だよ!」なんて言いやがる。

そしていよいよセグウェイに初試乗。
まず乗り込む段階からまったく不安定さを感じない。凄いなこれ。
で、少しずつ体を前に倒していくとスムーズに走り出す。最初は上手く体を預けられないのだが、少しするとすぐ慣れた。怒られない程度にフル加速、急減速、急旋回とかの色々な動きを試す。
特にフル加速させていると徐々に角度が立ってきて自動的にスピードが落ちる。おそらくスピードリミッターが働いているのだと思うんだけど、その制御が絶妙だ。普通あの構造で減速させようとすれば前につんのめる事になりそうだけど、そこは上手くできている。どうやっているのかはわからないが。
とにかく面白いなこれ。日本じゃ公道は乗れないけど、これで通勤したいねマジで。

そんで妻を見るとちょっと離れた所でちんたら走ってる。
近づいて行って、「もうちょっとスピード出せないの? 細かく曲がったりさ、色々やってみろよ」なんて余計なアドバイス?をしながら後ろについて走って(煽って)いたのだが・・

すると次の瞬間、妻のセグウェイは壁に接触したのか制御不能に陥りハデに転倒。
投げ出された妻はスカートなのに大股広げて転がっていたw
そしてその横には「絶対に倒れない」と評判のセグウェイが悲しく横たわっている。
っていうか初めて見たよ。倒れてるセグウェイなんてww 
コケるか普通。どうやらうちの奥さんを甘く見ていたようだw

一応体は大丈夫なのか確認すると、足が痛いのと頭をちょっと打ったらしい。
いや〜、これ見てヘルメットとかかぶらされる意味が良くわかったよ。やっぱ必要なんだねw
ちなみに帰宅して足を見ると親指の爪が変色してました。そのうち剥がれると思われますw

それにしてもうちの奥さん、夏になったらストマジで会社に行ってみるとか言ってるんだけど、ホントに大丈夫なんでしょうか。すんごく不安なんですが・・w



これ面白そうだな↓
d0123412_21215489.jpg

[PR]
by ridgerun | 2010-03-05 21:22