自転車&オフロードバイク&川釣り&ピアノをこよなく愛す、ダメ社会人リッジの愚痴を聞いてもらいます。


by ridgerun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2013年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2012年を振り返って

今さら書く内容じゃないけどw

あっという間の一年が過ぎ去った感じだけど、年を重ねるごとにどんどん早くなっていくな。
これって年を取ると記憶量が減って断片的になるから早く感じるらしい。こう言われるとなるほどなって思うわな。

というわけで前回書いたの9月13日で、実はその三日後に足骨折しましたw
せっかくBMXで新技習得に向けてモチベ−ション上げてきたところにこれは痛い。
原因はBMXではないんだけど、ジャンル的にはそんな感じw

右足首の腓骨をバッキリやってしまったわけだが、実はこれでもう4回目。サッカー、スケートボード、スノーボードと両足2回づつ折ってますw
ただそれまでの3回は学生時代の若い頃なわけで、おとなしくしてれば治るので大した問題ではないのですが、40才になり家族を持った今では話が違う。
なんと言ってもやはり仕事をしなきゃいかんのですよ。そりゃまあ一応まとも?な会社の正社員として働いているので長期休みをもらう事はできるだろうけど、意外と根が真面目な自分はそれはしたくない。
なもんで最初の週の4日間休んだだけで職場復帰しました。幸い今は内勤職なんで会社にかける迷惑は最低限に抑えられた、つもり。

んで問題になるのがやはり通勤で当然足にはギプス、松葉杖無しでは歩けない。車も運転できません。
となると移動手段はもちろんバイクですよ。
d0123412_171448100.jpg

このようにストマジに松葉杖くくりつけて走る。普段はまともに歩けないのにバイクにまたがった瞬間から水を得た魚のように機敏に動きまわれるわけですからたまりません。
周りを走る他の車もまさかコイツが骨折してるとは思わないでしょうw

ちなみに写真のロフストランドクラッチ杖は俺のこだわりの私物。普通の松葉杖は嫌いなんです。こっちの方が絶対に使いやすいんだよね。

で今回は近所の某大病院に通っていたんだけど、それがまた若い医者でどうにも信用できない。なんか教科書通りっていうか。これは骨折に関しては明らかに俺の方が経験があるw 
レントゲン写真を見ると手術は必要無い折れ方してるのに、手術するといいだすもんだからなんとか言いくるめて回避。そりゃ手術した方が骨が着くのは早いけど、入院も必要になるしまたボルト抜く手術しなきゃならんしで面倒臭い。

そしてギプスして2週間後にまた無理言って、ギプスを半分に割らせた。これもなかなか手こずったが自己責任と言う事で無理矢理にw
なんで割るのかと言うと、中で足が腫れているからそれがめちゃくちゃ辛いんだよね。分割式にするとたまに解放してやる事ができるし、なにより足を洗えるっていうのが一番でかい。

ちなみにギプスを外すと中の足はこうなってます。(グロ画像注意)
d0123412_17333323.jpg

真ん中の傷は昔折った時に手術したもの。またここを切るのが嫌だったw

ただこの状態でもなんとか足を着いて歩く事ができたのだ。我ながら恐るべき回復力。

ってことでこの後すぐ、骨折からわずか2週間半でギプス外しました。
その後に病院へ行くと医者が

医「え? なんで? ギプスはどうしたの?」 
俺「いや、もう大丈夫なんですよね、歩けるし」

医「そんな早く治るわけない」
俺「いやいや、なんか自分治り早い体質みたいなんですよねw」

医「私にも責任があるんですよ」
俺「いやいやいや、絶対に責任は問いませんから」

医「新たにギプス巻き直します」
俺「いやいやいやいや、それだけは勘弁して下さい」

なんて具合にまた幾度も押し問答を重ねた。 まあタチの悪い患者っていえばそうかもしんないけど、自分の体を一番良くわかるのは自分しかいないわけですよ。
今回俺が病院に求めたのは定期的にレントゲン写真撮ってもらって状態を確認したかっただけ。
ごめんね先生、言う事聞かない患者で。

普通びっちり一ヶ月以上もギプスをしたままでいると、筋肉は落ちて棒の様になり、間接は固まりこのリハビリにこれまたしばらくかかるものである。

しかし今回の様に早くからギプスを外すと、筋肉の減少も最低限に押さえられたし、足首の稼働域の戻りも格段に早かった。
おかげで10月末には、ぢる太さんと洞爺湖温泉オンロードツーリングにも行けたし。
d0123412_1833067.jpg

ロッシは言った、「別にサッカーをするわけじゃない」

だけどこの下らん怪我で貴重なシーズンを棒に振っちまったなぁ。釣りもあんまり行けなかったし。


さらにこの後11月に今度は激しい腰痛に悩まされる事になり、仕事も休んでしまった。
ここまで体の不調が連発するとさすがに自分はもう若くないと実感してしまう。
精神年齢は未だ20代前半のままなのに、体は言う事をきかなくなってくる。サスケオールスターズの気持ちが痛い程わかりますw

だけど今回の怪我をきっかけに一気に老け込んで来た自分を感じる。
テレビで大好きなXゲームとかを見ていても、すぐに怪我をするイメージに結びつけてしまったりと、今までの様に楽しく見られなくなったのである。

これはやばいな〜、マジでただのメタボオヤジになっちまうよ。

とりあえず安全なボディビルデイングでも再開しなければ・・
[PR]
by ridgerun | 2013-01-19 18:16