自転車&オフロードバイク&川釣り&ピアノをこよなく愛す、ダメ社会人リッジの愚痴を聞いてもらいます。


by ridgerun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
この休みは各部気になるところのメンテ等をしてた。

まずストマジ。実はこいつ最高速が50kmちょいしか出ないw
まあ原因はわかっていて、スクーター駆動系の変速を司るパーツのウエイトローラーとドライブベルトの摩耗だ。
今回は予算の都合上、ウェイトローラー(以下WR)の交換だけをやる事にした。まずカバーを開けてドライブフェイスとかを外さなきゃならないんだけど、ここで役立つのがインパクトレンチ。
電動の安物だが、これがあるのと無いのとでは作業効率は天と地の差が出る。あまりに便利で、なんで今まで無かったのか不思議に思える程。
d0123412_21484428.jpg


そして古いWRを取り出すと、これがまた凄い偏摩耗を起こしている。
いや、これはもう偏摩耗っていうレベルじゃないな、ほとんど三角になってるし。これじゃまともに機能しないわな。
d0123412_21503678.jpg


新しいWRは安いと評判のKN企画製をネットで購入。これ純正品を買えば2千円以上するのに、このKN企画のやつは590円と爆安。重量は7.5gをチョイス。

交換後試走したら60km出るようになった。これであとベルトも交換すればリミッター効いた状態でも65kmは出る様になるだろう。

お次はランツァのフォークの続き。前回エア抜き穴を開けてとりあえずビスでフタしてあったんだけど、やっぱりそれじゃカッコ悪いし操作性も悪い。アフターパーツとして同目的のエア抜きバルブは売ってはいるのだが、やはりそれなりの値段はしてしまうし、ランツァ用として売られているわけではないので装着にはちょっと面倒な加工が必要だ。
しかし基本はいかに金をかけないかなので、どうしようかあれこれ考えていたら究極の方法を思いついた。
それはズバリ、自転車チューブのエアバルブを使うという事。これなら面倒なタップ立てをすることも無くボルトオンでがっちり付ける事が可能。この場合は米式より英式の方が何かと使いやすい。
d0123412_2203124.jpg

今回の作品はなかなかのヒット作だな。こんな方法を思いつくのはまさに貧乏人ならでは。
さすがに今回ばかりは自分で自分を褒めてやったぜw

試しにタイダウンでフォーク縮めてバルブを緩めると、「プシュッー!」エアが抜けてきちんと仕事をしてくれる。完璧だ。これでサンバーに積む時も気を使う事は無い。


そして最後に妻がストマジ通勤にそなえて練習をしたいと言うので某練習場へ。
俺はこんなオートマバイクなんて誰でも簡単に乗れるのだろうと思っていたのだが・・

d0123412_22124530.jpg


やっぱり今までバイクとかに一切関わってこなかった人間にはそう簡単な事では無いらしく、はたから見ていてもはっきりわかる程余裕が無いw

本人曰く、「無理無理、絶対道路なんて走れない。ウインカー?そんなの操作してる余裕なんて無い!」 だそうだ。

う〜ん・・、せっかくオシャレなメットまで用意してやったのに・・

これは教習所の初心者向けライスクとかに参加させないとダメかなぁ・・
[PR]
# by ridgerun | 2010-04-04 22:25
先日トミカのびゅんびゅんサーキットを入手したわけですが、案の定それだけでは済まずこの短期間でかなりグレードアップしました。

新たに、「すいすいETCドライブ」と「高速道路にぎやかドライブ」の連結コース。

d0123412_21404261.jpg


これもまたかなり場所を取る大きさだが、前にも言ったように俺は常に遊べる状態じゃないと気が済まない。

ってことでわざわざコンパネを切って土台を作り、表面には防音と見た目を考えて緑色のパンチカーペットを貼ってジオラマっぽくしてみた。けっこう奇麗な仕上がりで自己満足度高し。
もちろんここのローボード上に常設ですw

どうだ、こんなおもちゃにここまで手をかける大人はなかなかいないだろう。
っていうかどんだけ暇なんだ俺・・

さらに車もけっこう仕入れました。全部中古車ですけどね、えぇ。
d0123412_21463944.jpg

この他にもまだあるけど、ガキどもがさっそく無くしやがった。
ちなみにこコースとかも全部中古。俺くらいのリサイクルショップマスターになるとこれくらいあっと言う間に最低限の予算で揃えられるのだ。びゅんびゅんサーキットとか全部合わせてもわずか数千円の出費。

お気に入りはこの2台。サンバーのパン屋さんトラックとランボルギーニ・ムルシエラゴ
特にこのサンバーは足回りが良いのかとても速い。今持ってるトミカの中で一番のスピードを誇る。しかし重心が高く、コーナーではやや不安定。
d0123412_21544693.jpg


下の動画はサンバートラックにバンバン煽られるムルシエラゴですw




一度にたくさん走らせるとこうなります。大惨事編。



う〜ん、楽しい。



こうして現実逃避をしているのです・・
[PR]
# by ridgerun | 2010-03-30 22:03

とりあえず復活

いやぁまいったまいった。
先々週腰の痛みがピークに達し、遂に脚にもきちゃったもんだからさすがに病院行きました。

結果は予想通りの「椎間板ヘルニア」
MRI見ると5番?の椎間板が見事にやられてたorz
d0123412_23512040.jpg

この写真は俺のじゃないけど、ほぼこれと同じ感じ。

ブロック注射してとりあえずは治まってるけど、このままだと今後いつまた再発するかわからないので、手術して完全に治す方法も考えたけど、現実問題としてそう簡単にいかない訳もあり今回は見送り。
次また酷いのがきたらその時は決心しようと思う。

そんな訳で先々週は一週間近く会社休んでた。同時にけっこう酷い風邪もひいちゃったもんで。
現在は特注コルセット巻いてなんとか社会復帰してます。

んでここ数日は一気に冬に逆戻りしたような天気が続き、昨日なんて一面雪景色のツルピカアイスバーン。
こうなったら走りたくなるのが冬バイカーの性だ。DT50の方はまだちゃんとスパイクを履いたままなのでいつでも出撃OK。
窓の外を見てウズウズソワソワしてると妻に、「あんたちょっと考えなさいよ。腰だってまだ本調子じゃないし、風邪も治ってないんでしょ!」 なんて怒られちゃった。
まぁそれもそうだなと、おとなしくしてました。

だけどこれじゃあ今年は、っていうかこれからはあまり無理できないな。レースとか出て完璧に動けなくなったらシャレにならんしな。今シーズンはちょっと控えるかな。
まぁまだ手術すれば治るっていうからいいか。不治の病じゃあるまいし。

バイクには乗れなくてもやる事は色々あるんで、今日はようやくランツァのFフォークOHの続きに着手した。
冬の間に作った特殊工具のお陰で組み付けも完璧。
それとサンバーに積む時にフォークを縮めるんで、ついでにその対策も施した。フォークを目一杯に縮めるとオイルシールに負担がかかるのだが、その原因はフォーク内の空気だ。要は縮める時だけその空気を抜いてやればいい訳で、トップキャップに空気穴を開けてやれば良い。
当初の予定ではちゃんとタップ切って中空加工したボルトでも入れて格好良くする予定だったんだけど、面倒臭いのでただ穴開けてタッピングビス締め込んで終わりw 
いいのいいのこんなので。機能しさえすればそれでいいのだ。

で、無事に組み立て終わり、車体にも戻してタイヤを付けて完成!

と思ったらフォークブーツ付けるの忘れたorz  また抜けってか! いや、いいやとりあえずこのまま乗ってオイル漏れのチェックする事にしよう・・

ちなみに下が自作の工具。T型の長いレンチでこいつで中のフォークを繋いでいる部分を固定する事ができる。
d0123412_23332549.jpg

ここはインパクトとかでとりあえず一度バラさないと中のサイズがわからないから困ったもの。
このランツァのフォークの場合は、M18ボルト2面幅27ミリのボルト頭が使える。
もしここ見てる人で同じ作業で悩んでる人の参考になれば嬉しい。

他には基本的な点検、メンテもやっていつでも走り出せる準備は整った。
ついでに電動ポケバイにもバッテリーを積み込み、MTBのタイヤも交換して春に向けての作業をこなしていく。

楽しいわ〜
[PR]
# by ridgerun | 2010-03-28 23:47

サーキットデビュー

ついに憧れの「トミカ びゅんびゅんサーキット」を手に入れたぜ!
d0123412_20295359.jpg

いやまぁヤフオクで中古の激安があったもんで。
子供達がどうしても欲しいって言うからさ〜、仕方ないから買ってやったんだよ。
仕方なくだよ、まちがっても俺本人が欲しくてたまらなかったわけじゃないですから、えぇw

小さい子供がいる人、特に男の子がいる家庭の人なら誰でも知ってると言っても過言ではない程有名なおもちゃなんだけど、このサーキットは動力の無いトミカのミニカーがもの凄い速さで走るんだよ。赤いゲートの所が、ローラー式のピッチングマシーンみたいになってて、そこでミニカーを打ち出す仕組みになっている。
俺が子供の頃はせいぜい立体駐車場みたいなものしか無かったんだけど、最近は面白いのがあるよね。

で今回やっと手に入れたんだけど、うちには肝心のトミカが全然無い。
有るのは先日のトミカ博の入場プレゼントみたいなやつしか無い。
d0123412_20353591.jpg

しかも同じ奴が3台。トラックはこのコース走れねーしw
ま、新車は追々追加していくとして、とりあえずこの赤い車を走らせて遊んでみたが・・

凄い! 速い! 名前の通りまさにびゅんびゅん走る!

これは面白いね、ボタンでレーンチェンジしたりピットインして給油してから再発車させたりというギミックも付いている。しかし基本的にただグルグル回っているだけなのですぐ飽きそうな感じがするけど、意外とそうでもない。
なんかこう何も考えずに遊べるっていうのがいい。逆に室内用のラジコンとかの方が飽きは速いかもね。

ここでちょっとトミカ以外のミニカーじゃダメなのかと、缶コーヒーに付いてくるチョロQの偽物みたいな奴とかをコースインさせてみたけど、こいつらは上手く走らない。ただ吹っ飛んで行くだけ。
構造的にトミカのスポーツカータイプの車じゃないとダメみたい。情報ではホットウィールっていうミニカーの相性が良いみたいだ。
d0123412_20394488.jpg


次に貴重なサンバーのミニカーも走らせてみた。
d0123412_2047033.jpg


そしたらこれもやっぱり上手く走らなかったんだけど、後ろから走ってくる赤いトミカにどつき回されながらコースを走って(転がって)いたw
かわいそうなんですぐ救出してやったけどww

だけどこのコース、ちょっとデカ過ぎだな。俺はこういうおもちゃって、使いたい時に箱から出して組み立てて・・っていうのが許せなくて、常に遊べる状態じゃないと気が済まない性格なのだ。
だから予定ではテレビ横のローボード上に常設しようと思ってたんだけど、これじゃ大きすぎて載らない。音もうるさいし。

これはやはり「やまみちドライブ」か「ETCすいすいドライブ」にしておくべきだったかな。
こっちだと車種を選ばずに、トラックとかも走らせられるし。
なんて言ってるといつのまにか全種類集めちゃったりするんだよな。
ダメだダメだ、他に必要なものいっぱいあるってのに、こんなトミカにハマってる場合じゃない!


とりあえず車は何種類か買ってこようっと・・
[PR]
# by ridgerun | 2010-03-12 20:58

憧れる

あいかわらず下手なピアノを地道に練習しておりますが・・

やっぱり難しいクラシックは今の自分ではまだ無理だと悟りまして。
このまま身の丈に合わない曲を練習していてもストレスが溜まる一方だし、最悪挫折してしまうなんて事も無くは無いわけで。

というわけで現在は日本のポップスやゲーム音楽に手を付けましたw
やっぱりね、楽しく無いと何事も続かないんですよ。

で今なにを練習しているのかと言うと、「グラディウス」でありますw
そうです、あの一世を風靡したシューティングゲーム!このBGMがこれまたかっこいいんだよね。
なんか元気が出てくるっていうか、とにかくこれを自分で弾けたらどんなに楽しいのだろうと。
オープニングから始まってそれぞれのステージをメドレーで繋ぐという感じで、下の動画のほぼコピーになります。

素晴らしいでしょう? たまらんわ〜 憧れる〜

そんなわけで今は暇さえあれば練習しているんだけど、難しいクラシックとは違ってわりとサクサク進むから練習してても楽しいんだわ。まだ全然スムーズには行かんけど、先が見えるからやりがいがある。

そして同時にこれをやり込んでいた子供の頃の記憶が蘇る。あぁ、この面は苦労したんだよな・・とか、フルオプション状態でシールドの切り替えタイミングを誤って爆発し、また最初のノーマル状態から始めなきゃいけない時の切なさ、イライラ感。
悔しいけどもコナミコマンドを使ってしまう自分の弱さとかw 上上下下・・ってやつねw

そんな甘酸っぱい思い出からたまに息抜きでボスステージの曲をエレキで弾いたりして。これはかなり昔にコピーしたんだけど、ライトハンド使って再現率はかなり高し。

他にもスペースハリアーとかアウトランとかエキサイトバイクとかもちょこちょこ練習したりして、楽しいったらありゃしない。他にやりたいのは戦場の狼と闘いの挽歌、魔界村もいいね。

定番のスーパーマリオの楽譜もあるんだけど、これ意外に難易度高くていまいちやる気がしない。
有名なのはこれかな。とにかくこのニイちゃんは凄い。かなりの実力者だろう。



あとピアノじゃないけど、こいつらも面白い。バンドとしてはあまり上手くないけど、一生懸命さが伝わって来て良い感じ。



なんか俺もゲーム専門のバンドとかやりたくなってきちゃった。

誰か・・やらないか?ww


最後に誤解の無いよう1つ断っておくけど、俺はけっしてゲーマーではありません。
っていうかあんまりやらないほうだね。ゲームってなんか時間もったいないでしょ?
ただ小中学生の頃はやっぱそれなりにゲームはするから、その当時に頭に焼き付いた音楽が好きっていうだけ。

さて〜練習すっかな〜
[PR]
# by ridgerun | 2010-03-09 22:36

うちの嫁さんは凄い

某所でセグウェイに乗ってきた。
d0123412_20555815.jpg

あまり乗り気で無い妻も一緒に。
まずお約束の肘、膝、ヘルメットといったプロテクターを着用させられるのだが、これって正直ウザイよね。
そんなのしなくてもいいじゃん、とか思うわけですが。
で、メットが上手くかぶれない妻に手を貸してやり、アジャスターを締めていると、「そんなにちゃんとやらなくても大丈夫だよ!」なんて言いやがる。

そしていよいよセグウェイに初試乗。
まず乗り込む段階からまったく不安定さを感じない。凄いなこれ。
で、少しずつ体を前に倒していくとスムーズに走り出す。最初は上手く体を預けられないのだが、少しするとすぐ慣れた。怒られない程度にフル加速、急減速、急旋回とかの色々な動きを試す。
特にフル加速させていると徐々に角度が立ってきて自動的にスピードが落ちる。おそらくスピードリミッターが働いているのだと思うんだけど、その制御が絶妙だ。普通あの構造で減速させようとすれば前につんのめる事になりそうだけど、そこは上手くできている。どうやっているのかはわからないが。
とにかく面白いなこれ。日本じゃ公道は乗れないけど、これで通勤したいねマジで。

そんで妻を見るとちょっと離れた所でちんたら走ってる。
近づいて行って、「もうちょっとスピード出せないの? 細かく曲がったりさ、色々やってみろよ」なんて余計なアドバイス?をしながら後ろについて走って(煽って)いたのだが・・

すると次の瞬間、妻のセグウェイは壁に接触したのか制御不能に陥りハデに転倒。
投げ出された妻はスカートなのに大股広げて転がっていたw
そしてその横には「絶対に倒れない」と評判のセグウェイが悲しく横たわっている。
っていうか初めて見たよ。倒れてるセグウェイなんてww 
コケるか普通。どうやらうちの奥さんを甘く見ていたようだw

一応体は大丈夫なのか確認すると、足が痛いのと頭をちょっと打ったらしい。
いや〜、これ見てヘルメットとかかぶらされる意味が良くわかったよ。やっぱ必要なんだねw
ちなみに帰宅して足を見ると親指の爪が変色してました。そのうち剥がれると思われますw

それにしてもうちの奥さん、夏になったらストマジで会社に行ってみるとか言ってるんだけど、ホントに大丈夫なんでしょうか。すんごく不安なんですが・・w



これ面白そうだな↓
d0123412_21215489.jpg

[PR]
# by ridgerun | 2010-03-05 21:22

これほどまでに違うとは

冬バイクは奥が深いです。特にタイヤが。

まずこのDT50に履いているスパイクタイヤ。
d0123412_19114614.jpg

ここ数年冬はほぼ毎日こいつで走ってるわけだが、さすがスパイクタイヤ、アイスバーンだろうとも普通に走ってくれる。
一番得意な路面は当たり前だが固く締まった圧雪バーンだ。ギランギランに凍ったスケートリンク状態の路面でも余裕とまではいかないが、いきなりグリップを失って転ぶというような事もほとんど無く走行できる。

しかし、これが降ったばかりの新雪や、圧雪がザクザクに崩れた路面、そして今週の札幌の様に気温が上がると話は違ってくる。
裏道なんかは幹線道路の様にマメに除雪されるわけでは無く、かつ交通量も少ないため路面に積もった雪の層はかなり厚い。これが気温が上がり緩み出すと極悪シャーベット路面になる。
下手をすると車のタイヤの半分が埋まる程のわだちになるなんてことはザラで、そんな道をこのDTのスパイクタイヤで走るのはほんと大変だ。
もう右に左にハンドルが取られ、真っすぐ進む事は困難。栗丘マディと対張るほど操作は難しくなるのだ。
でも今まではそれはそういうものだと半分諦めて走っていたのだが、今回でその考えは一転した。

それはストマジに履かせている車用のスタッドレスタイヤ。
d0123412_19214047.jpg

これが信じられん程によく走るんだわ。
特に降ったばかりの新雪や圧雪路面なんかはタイヤがグリップしすぎて滑らせる方が難しいくらい。
多少のわだちなんかもほとんど気にせずに走れてしまう。とにかく接地感がもの凄く高く、その安心感の高さは筆舌しがたい。これは空気圧をゼロ以下にまで下げている事も大きな要因になっていると思われる。

そこで今週は暖かかった為、あえて通勤はストマジで行っていたのだが、改めてその走破性の高さに驚かされた。

深いシャーベット路面でもほとんどハンドルを取られる事無く、ステップに足を乗せたままで余裕の走り。わだちとわだちの間の深い部分でもなんらストレス無く走れてしまう。
マジでDTで走るのに比べるとその差は歴然。まさに天と地の差。

どうしてDTとここまで違うのか考えてみると、やはりタイヤの形状にあるようだ。
DTのタイヤは普通にバイク用のブロックタイヤで、タイヤ断面は丸い。これで深い雪やシャーベットに入って行くと、どうしても雪をかき分けて進む事になり、その雪の密度差によって左右に振られるのではないかと思う。

対してストマジに履いてる車用スタッドレスタイヤの断面形状は完全なフラットでしかも太い。
これだと雪をほぼ真上から押さえつける形になるため、沈み込みも少なく安定して素直に真っすぐ進む。これは自分の走ったタイヤ痕を実際に見て調べたので間違いない。
これはタイヤが太ければいいってわけじゃ無い、重要なのは断面がフラットなのかどうかって事だ。
この事からカブ用の冬タイヤの形状がほぼ全てフラットに作られている意味がわかった。

最初はバイクにフラットなタイヤを履かせるという事に多少の抵抗があったが、冬道に関限ってそれは全然アリだということだ。
先日の八剣山レースでも、まっつさんに引けを取らない速さを見せてくれた別チームのストマジも同じく車用のタイヤを履いていた事から見ても、これで車用のスタッドレスタイヤは間違いなく冬レースでも有効だと証明された。
あとは乗り手の技術次第という事で・・w

しかし、スタッドレスタイヤは所詮スタッドレス。やっぱり凍った路面にはまったく通用しません。
特にピッカピカのツルッツルに凍った下りなんかは間違ってもブレーキなんてかけられません。こういう場合は両足に履いたスパイク長靴でブレーキをかけるんです。これが一番確実に止まれる。
ま、凍結してるとわかっている日はDTで走れば問題ないので、これからはこの2台を上手く使い分けて行く事にしよう。


でも最強はやっぱスタッドレスタイヤ+スパイクのハイブリッドだな。これならほぼ全てのコンディションに対応できる。

来年はちょっと・・
[PR]
# by ridgerun | 2010-02-26 19:57

これはもう芸術の域

え〜、地味な趣味の1つとしてルービックキューブというのがあるんですが、現在は様々な種類があるのです。

で、とりあえずここまでそろいました。
d0123412_20225725.jpg

左の1列タイプから2列、3列、4列まで。 後ろのケン玉は特に意味はない。

特に左の1列タイプに注目。一見なんの変哲も無い様に見えるけど、じつはこれ凄いメカニズムなのだ。
だってこれ角のキューブが横軸と縦軸どっちにも回転するんだよ。意味わかるかな?
実際触ってみないとわからないかもしれないけど、とにかくこれ作った人天才。
d0123412_20272465.jpg


この中で一番難しいのはやっぱり4列タイプ。3列ノーマルの3倍時間がかかる。
一度、1列から4列までの4種類を連続で揃えるタイムアタックをやったんだけど、8分42秒だった。
このタイムが速いのかと言えば、全然速くない。テレビに出てくるレベルの人ならおそらく2分以内でクリアすると思われる。 ま、俺にはこれが限界だ。

実は他にルービックキューブの最高峰モデルとして5列タイプという物も存在するのだが、これはちょっと恐ろしくてなかなか買う気が起きない。また苦悩の日々が始まると思うとね・・w

でも最近またちょっと刺激が欲しかったんで、こんな物を入手してしまった。
その名は「ミラーブロックス」
d0123412_20374193.jpg


これもねぇ、前から存在は知ってて欲しかったんだけど、5列同様なんか怖くて買うのを躊躇してたんだよね。
なんでかって言うとこれ、ブロックの大きさが全部違ってて、崩して行くととんでもない事になるんだよ。

こうなる↓




d0123412_2040470.jpg


ね?信じられないでしょ? こんな風にボッコボコにグリュグリュ形が変化していく。なんかCGでも見ているみたいに。 こうなると芸術的とさえ思えてくる。
しかもブロックには色は付いていないもんだから、全て形だけで判断しなきゃなんない。そんなの絶対無理だって思ってて今までスルーしてきたんだけど、それ以前にどうしてこの仕組みが可能なのか不思議でたまらんかった。
だって普通に考えてそれぞれのブロックの大きさが違ってたら、絶対どっかで引っかかって回らなくなりそうでしょ?
でも実際いじるとちゃんと動くんだわこれが。なんでそうなるのかいまだに理解できないんだけど、通常のルービックキューブと同じ動きをする。

で、いよいよ揃える作業に入るわけだが・・、難しい・・わけわからん・・おまけに回しづらいしw

でも基本は3列キューブの手順がそのまま使えるので、どうにか進む。
ここは一番メジャーなレイヤー法で揃えて行く。

下2段完成。もう少し・・
d0123412_2050312.jpg


最後の上段が1番厄介だったが、どうにかクリア。

どうじゃいオラァァ!
d0123412_20554722.jpg



うん、楽しいよこれ。そろった時の満足感は一番高いな。

これはやっぱ5列もコンプリートしとかなきゃならんな・・憂鬱だ
[PR]
# by ridgerun | 2010-02-23 20:58
いややっぱ凄いわ。ショーンホワイト。
あの高さときっちりグラブ入り複雑回転であのメイク率。なんだこいつ?って感じ。

それにしてもこのハープパイプの進化は凄まじい。俺がボード始めた20年前はまだ360ですら最高難度扱いだった。しかもコンテストでは危険だからという理由で、縦回転技は禁止されていたんだよね。
その為に途中でとりあえず手を付くJ TEAR AIRなんていう変な技があったりしたくらいだw

その時代がクレイグケリーが全盛の時代。ほどなくしてテリエという凄い子供が登場して、「ケリーに勝てるのは僕しかいない」みたいな事を言っていて、その言葉通りトップライダーになった。

テリエの時代がしばらく続くとまた凄い子供が出てきた。この時も「テリエに勝てるのは僕しかいない」みたいな事を言っていたような気がする。
それがショーンホワイト。

こんな具合にスノーボード界は奇麗に新旧交代を繰り返し、その都度もの凄い進化を遂げてきたのである。

で今回のオリンピックのハープパイプは当然の様にショーンの圧勝。これはスノーボードに何の興味が無い人が見たって凄いと思わせる滑りだと思う。

でも俺的にはパイプより、スロープスタイルの方が実は好き。
これはスケートボードのストリートに近い内容で、レールやボックスのセクションがあって、メインのでかいキッカーの連続で構成されている。
これがX-GAMEで使用されるコースとなると各セクションの大きさもハンパではなく、キッカー1つ取ってみても、札幌でよくやるTOYOTAビッグエアーで使われるのよりも大きいやつが、休む間も無く連続で4連とか並んでいる。
そこをもう1080とかは当たり前でぶっ飛んで行って、着地も当たり前の様に決める。
失敗するライダーの方が少ないぐらいのレベルの高さで、はぁ?なんだ〜こいつら〜?って言葉しか出てこないわけですよ。

どう考えても生身の人間がやっているとは考えられない。一昔前にプレステとかのゲーム機でスノーボードのゲームを友人と一緒にやって、1080とか1260とかグルグル回して「そんなのあり得ねーよww」なんて言って遊んでいたものだが、今ではそのゲームの中でやっている事よりも凄い事を現実の人間がやっているのだから信じられん。

こういう奴ら見て疑問に思うのが、一体どうやって練習しているのか?ってこと。
だってあの高さ&飛距離で失敗したら普通の人間なら即病院送りでしょ。技を習得するまで体がもたないのが普通じゃないか。なのに彼らは生きている。

おかしい・・おかしいよ絶対・・
[PR]
# by ridgerun | 2010-02-18 23:15
2/14 日曜日
待ちに待ったこの冬のメインイベント、スノーライディングin 八剣山2010に参戦してきた。
とにかくトラブルに見舞われた、2時間14分耐久レースの記録である。

朝9時に会場入り、天気は良い。会場は夏場のレースかと思わせる程の人間&マシンが並んでいる。
なんでも40チーム近くのエントリーがあったとか? 皆好きだね〜w

今回チームを組んだ、けんた君と合流して軽く打ち合わせと試走をしてスタートを待つ。
スタートは最前列をキープして気合いをアピール。
でもローリングスタートだと言うので、油断してたら皆もう最初からバリバリの本気モードだ。
ガンガン割り込まれて、せっかく最前列から出たのにかなり出遅れてしまう。これは俺が甘かった。
d0123412_21394051.jpg

スタートして30分くらいまでは特にこれといって問題も無く、淡々と周回をこなす。路面もまだそれほど荒れておらず走りやすい雪の路面。基本15分交代でライダーチェンジをして走る。

しげさんとの熾烈なバトル!
d0123412_2143183.jpg


重量を生かした鬼トラクション走法のけんた君
d0123412_21441949.jpg


れっどさんのクラッシュを偶然我が家のカメラが捉えていた! かなりの重症だそうで・・ ビデオで見るとせつなさが伝わってきます・・
d0123412_2145389.jpg


そしてスタートからおよそ1時間ほどでトラブル発生! 数回目のローテーションで走者はけんた君。チェックポイント通過時になにやら叫んでいる。なんとストマジの左右のステップが折れたというではないか! 
俺はてっきり転倒して折ってしまったものだと思っていたのだが、後できくとなんとジャンプの着地の際に体重が重すぎて折ってしまったとの事(;´Д`)ドンダケ~

だから20kg痩せてこいって言ったんだ! 後残り1時間以上ステップの無いバイクで走れって言うのかよ! m9っ(#゚Д゚)ゴルァァァ!

しかしやるしか無い。かろうじて足がかかる部分を探りながら走るものの、やはりステップ加重ができないというのがこれほどまでにバイクコントロールに影響を与えるとは思っていなかった。ほんとまったく押さえが効かない。

さらにこの辺りからエンジンの調子も悪くなってきた。低回転が回らなくなってきて、いきなり吹け上がるという症状が出始め、凍った路面に変化してきたコースと相まって走りづらいのなんの。
しかも気がつくと、苦労して塗装したリアフェンダーも無くなってるし。どうしたのか問いつめると、ウイリー発射させてしまったとの事。 壊し過ぎだ! m9っ(#゚Д゚)ゴルァァァ!

それでもなんとか頑張って走ったのだが、残り30分くらいには遂に高回転も回らなくなり、周回を重ねるごとに最高速が落ちて行き、最後には10kmほどのスピードしか出なくなってしまった。
でもここまで頑張ったからにはリタイヤだけはしたくなかったので、最後はほとんど人力でゴールまでたどり着いた。

これじゃ順位も期待できないな、と落胆しつつ焼肉タイム。そしていよいよ表彰式。
下の順位から順に読み上げられていくのだが、なかなか呼ばれない。これはもしかして・・と期待も高まる。

な〜んとクラス4位に食い込みましたー! 色々トラブルはあったものの、諦めずに終止走り通した事が身を結んだのだろう。これは上出来だ。総合でも割と良い周回数だったと思う。
ちなみに1位は当然のごとく、まっつさん。ほんともう別次元の走りで到底太刀打ちできませんわ。2位には同じストマジで、このチームもまっつさんに張るぐらい速かった。
もしトラブルがなければこのお二人に次いで3位を取れたかと思うと悔しい・・
まぁでも運もメカトラも実力の内っていうからね。これがレースってもんだ。

いや〜頑張った甲斐があったよ、バイクが壊れたショックもだいぶ癒されたなw
そんで↓が噂の破壊王 これからは洗濯屋・・じゃなかった、「壊し屋けんちゃん」と呼ばせてもらうw
d0123412_22255662.jpg

今後ストマジには制限体重70kgを設定しましたww

ダメ押しで今回の被害、ステップとフェンダー
d0123412_22394322.jpg


転倒で絞りハンドル化&レバーぐんにゃり
d0123412_22401423.jpg


そしてエンジン不調の原因がわかった。てっきりまたオートチョークあたりが悪さしているのだろうと考えていたのだが、実際はオーバーヒートによる熱ダレだった。
帰りがけにあの速いストマジチームの人に教えてもらったんで間違いないと思う。
俺も今まで空冷のバイクって所有した事が無いので熱ダレって経験したこと無いからわからなかった。水冷ならその前にクーラント噴いちゃうからさ。
それにしても2stの空冷ってそんなに弱いのか?夏ならともかく、こんな氷点下の中で走っててオーバーヒートってそんなのあるのか? これまた新たな課題ができたな・・

と、こんな感じでトラブルも多かったけど、それもまた楽しさの一つでもあり、次回に繋がる勉強にもなるわけですよ。

楽しかったー! 次はいつだ?
[PR]
# by ridgerun | 2010-02-15 23:01

準備完了

ストマジ コンペ仕様完成しました。
d0123412_2081050.jpg


とは言っても保安部品の一部を外して、やたらいい加減なゼッケン付けただけだけどw
そして明日のチームメイトはけんた君。非力なストマジで入賞を狙うため、20kgのダイエットを命じておいたから、おそらく明日はガリガリにやつれて現れてくれることだろうw

あとはエンジンの調子だな。一応オートチョーク交換して調子良くなったっぽいけど本番ではどうなるかわからん。
まぁもともと死にかけエンジンのニコイチだから調子悪くて当然だけど、その分壊してもいいから気は楽だな。

だけど明日はかなりの台数が走るみたい。なにやらフルサイズのマシンも沢山いそうだけど正直どうなんだろ。
あのコースで本気レーサー走らせても楽しくないだろうし、危険度も増す。
登別みたいに原付限定にして、先着20チームとかにしといた方が良かったんじゃないの?とか考えちゃいます。
ジンギスカンにしても絶対キャパ超えてるよね、きっと。

と色々不安もよぎってくるが、所詮お遊びレースなんでいいか別に。
でもやるからには本気で行く。どんな下らない遊びでもマジメにやるのが俺のモットーだからw
[PR]
# by ridgerun | 2010-02-13 20:20

これはいい!

うちのアパートはjcomでインターネットもそれを使ってる。
で、先日なにやらお得なプランができたとかで早速それに加入してみた。

今までと月々払う金は変わらないのに、CS放送が見られる上に500ギガのHDD&DVDレコーダーまで付いてくるというもの。
ブレーレイは今の所必要性を感じないので無くても問題無し。
d0123412_2125228.jpg


これはいい、いいよ、CS放送。だって常になにかしら俺の好きな分野の番組がやっている。
特にESPN、X-GAMEとかしょっちゅうやってるんだからたまらない。

スケートボードにBMXにFMX、スキーのビッグエアーとかモービル、ラリーまで、通常の地上波ではまず見られない映像が盛りだくさん。

いや〜やっぱスケートが一番かっこいいな。ダニーウェイ最高。モンスターランプで大クラッシュした後にも再度チャレンジしてメイクする精神力の強さ。しびれる。
これ↓

スケートでバックフリップだよ?しかもそれはおまけみたいなもんで、メイクして当たり前。メインはその後のバート。マックツイストしながら板スイッチしたりして。ありえん。
ショーンホワイトのスケートもいいね。スケートのバートでも優勝しちゃうんだからスノーボードなんて遊んでいるようなもんだろうな。
だってスケートって、着地は前後左右とにかくドンピシャじゃないと決まらないんだよ。スノーボードほどリカバリー効かないからね。

とにかくスケートの難しさは異常だ。たとえばさ、俺がFMXのバイクでバックフリップにチャレンジしたとしよう。もちろんできないけど、薬でも打って恐怖心をなくしてやれば、可能性としてはまぐれでメイクできるってことは十分考えられる。
でもスケートはそれはありえない。絶対にありえない。スケートにまぐれは存在しないと思ってる。
だから俺は数あるX系スポーツの中でスケーターを一番崇拝している。

あれ?なんか話がそれちゃったな。この系統の話しだすと止まらないもんでw


とにかくCSは楽しいってことが言いたかった。
スポーツ番組の他にも、初代ガンダムや北斗の拳とかが毎日放送されていたりと、ほんともうテレビの前から離れられん。

いままで加入していなかったのが非常に悔やまれる。
[PR]
# by ridgerun | 2010-02-12 21:54

支笏湖・・再び・・・

2/7日曜日の記録。

結局また行ってきました。氷とう祭りにw
いやほら、先週見てきて俺的にけっこうイイ感じだったから、やっぱり子供達にも見せてあげたいなと思ってね。

ただ問題はあの渋滞ですよ。ドライブ嫌い、渋滞なんてもってのほか!っていう俺なもんだからかなり悩んだけど、なんかこの日は大丈夫な気がしたんだよね(根拠無し)

んで花火大会に間に合うように15時ちょい過ぎくらいに車で出発して支笏湖線を走る。自転車やバイクでならシーズン中に何度も走っているけど、車でなんて何年ぶりだろうか。なんか凄く新鮮。
そしてポロピナイを過ぎて恐怖の渋滞ポイントに近づくわけだが・・

おや?渋滞してないぞ? やっぱり先週は特別だったんだな。祭り開催日翌日の土曜でしかも花火が始まるくらいの時間帯だったからあんなに混んでたんだ。

そんな具合にスムーズに会場に着いて、それでも駐車場入り口100m手前ぐらいから車の列にはなってたんだけど、かなりの渋滞覚悟を決めてきたんでこの程度は全然苦にならなかった。

そして入場。今回はちゃんと支援金を払って入るw

d0123412_19485943.jpg


その奇麗さに子供達も大喜びでオブジェの中を走り回ったり、氷の滑り台で遊びまくる。俺も一緒になって滑るw
そうしてしばらく遊んでいると花火大会が始まった。
こんな小さいお祭りだからさぞショボイ花火大会なんだろうなと期待しないようにして見たのだが、それが意外に頑張ってた。なんかね、町の人達の頑張りが伝わってくるっていうか、祭りを盛り上げようという心意気が感じ取れてとてもイイ感じだったよ。

このお祭りは雪祭りのような雪像があるわけでもないし、会場もそんなに広くない。でも不思議と居心地が良い。
滑り台の順番待ちもほとんど無いし、小さい子供だったら楽しいと思う。
下手に大通りの雪祭りに連れて行って、あの人混みに流されながらただ雪像眺めて終わりっていうのよりよっぽど楽しめたかな。

帰りは温泉にでも・・と思ってたけどそれは面倒なんでやめましたww
[PR]
# by ridgerun | 2010-02-10 20:03
いまさらかよ!って感じですが、一応残しておかないと・・w

1/30土曜、18:30に常盤を出発。SX125のけんた君の後について支笏湖線を走る。
寒いけど路面の積雪は少なく走りやすい。そのためペースは夏場と変わらない。
そらもう常時アクセル全開ですよ。

とはいっても所詮DT50なんで、ビンビンに回して「全開最高! ヒャッハーー!!」なんて言いながらメーター見ても70kmぐらいしか出てなかったりw

いいのよこれで。でかいバイクで免許と命削って走るのよりも断然安全に楽しめるんだからw

それでも山頂付近にはそれなりに雪があり、けっこう吹雪いていたりもする。路面も適度に凍結していて適度なスリル感。やっぱこうでなくちゃね。

そんな中、前を行く車に追いつくと俺らに道を譲ってくれる。だけど50のバイクに道ゆずるかw
まぁスタッドレスなら怖いわな。

それにしても交通量が少ない。そんなお祭りやってるならもう少しそこに向かう車がいてもおかしくないのに。こんなんじゃお祭り盛り上がらないだろう・・

なんて考えながらポロピナイを過ぎてちょっと行くと、止まっている車の列が。なんか工事で片側通行でもやってるのかな?と思ってしばらく待っても一向に動く気配無し。

そうです、祭り会場の駐車場空き待ち渋滞です。その距離は数キロにも及ぶ。
こりゃダメだと意を決して、あまりやりたくはないがスリ抜け作戦決行。路肩と対向車線をフルに活用してなんとか会場到着。これ車だったらマジで2時間近くは並んでるんじゃないかな?

そして初めてまともに会場を見ました。というのも2年前も夜にバイクで来たのだが、着いた瞬間に消灯という悲しい思いでがあるのですw

おお!なかなか奇麗じゃないか! ライトアップされた氷のオブジェはどれも中に入れるようになっている。子供用に滑り台とかもあったり。
d0123412_21534251.jpg


この「苔の洞窟」だったかな?は、なかなか幻想的でよかったね。
d0123412_21545849.jpg


一通り会場内を見て回った後に、トリッカーの鳥海苔さんも合流。飯でも食ってから帰ろうと店に入るとどこももう閉店だと言って追い出される。まったくこれだけ客いるんだから営業続けろよ、稼ぎ時だろうがまったく。

帰りは3台で走る。途中ラルマナイの林道へ寄り様子を見る。一応除雪された形跡があったが燃料の問題とかもあったので諦めて普通に帰ることにした。

携帯カメラじゃまともに写らん・・
d0123412_11462424.jpg

そして途中で飯食って雑談して解散。

普段通勤で毎日乗ってはいるものの、冬はなかなか長距離を全開で走る機会は少ないんで楽しかったな。
今回は防寒対策も完璧で寒さを感じる事も無く、非常に快適なツーリングだった。唯一の失敗はゴーグルの曇り対策を怠ったことぐらいか。

さて、あと一度位は冬のロング走りたいなぁ。
[PR]
# by ridgerun | 2010-02-05 11:50
今週末土曜日30日、支笏湖氷濤まつりツーリングを行います。
d0123412_1222226.jpg

一応mixiの中でイベント立ってますが、今のところ確定変態メンバーは3人。
http://mixi.jp/view_event.pl?id=49992205&comm_id=4804739

参加希望の方は気軽に書き込んでください。

予定としては18時に常盤のローソン集合・出発です。
参加に際しては、冬道対応のタイヤを装着したオートバイと過剰な防寒対策が必要ですw
あと事故等の場合、自己責任を理解して頂ける方。

ではよろしくです。
[PR]
# by ridgerun | 2010-01-28 12:22

八剣山 冬バイク祭り

朝起きたら積雪40cmコースの超ドカ雪!
でもオフバイク系のイベントは悪天候で中止になるなんてことはまずないので、さっさと除雪をし、車を引きずり出して八剣山に向けて出発。

南区に入ると中心部に比べ積雪が少ない。っていうか凄い晴天。ウキウキしながら会場入り〜
でもちょっと早く来すぎて皆を待つ。

今回は先日組み上がった今シーズンの戦闘マシン「ストリートマジック」の実戦テストでもある。
車用のスタッドレスタイヤがどこまで通用するかな〜
d0123412_20323334.jpg


しばらくすると全員集まりかなりの人数に。30人くらいいたのかな?
しかし今回は夏場オンロードバイクに乗っている人達の体験試乗会的なイベントでもあるので、バイクの台数はそこまでは無い。
d0123412_20501020.jpg

各自自由に乗ってみたいバイクに乗ってokという自由な雰囲気でフリーライドを楽しむ。
自分もぢる太さんの凶悪ボルトスパイクKDXに乗ったりしてその走破力に感動したり。

そしてストマジは女性陣に大人気でしたw やっぱりオートマは取っ付きやすいよね。
d0123412_20372868.jpg


昼はクラブハウス?を貸し切っての焼肉大会。全員で自己紹介したりして和気あいあいで食事を楽しむ。

そして午後からは一人づつのタイムトライアルレース開始。
一応オフバイク本職である自分としげさん、ぢる太さんもじわじわとプレッシャーがかかるw

しかし! 自分としげさんはプレッシャーに負け不本意なタイムでマジで凹むww
ここはぢる太さんに本職の違いを見せつけてもらうしかないと、これまたプレッシャーをかけるw

で!結果は!  さすがガルルマスターのぢる太さん、他をまったく寄せ付けない別次元のタイムをたたき出し、無事オフライダーのプライドを守ってくれましたw
これには俺もしげさんも、まるで自分の事に様に喜びましたwww

レース後も閉園時間までコーナーの反復練習しをしたりと、今回はかなり練習になりました。
楽しかった〜、またやりたいね。
ストマジの改良すべく点も見つかったので、2/14のレースまでには改善しておこうと思う。

今回このイベントを企画してくれた皆様や果樹園オーナーさん、今日は本当にありがとうございました。


PS:2/14は登別を予定していましたが、同日にこの八剣山で行われるサドルバック主催のレースにエントリーすることになりました。出場する皆さん、よろしくです。
[PR]
# by ridgerun | 2010-01-17 20:48

正月休み

気がつけば年明けてますな。と言ってもそんな事はどうでもいい。
あいかわらず仕事では年末年始のあいさつを極力しないように心がけるぐらい偏屈な人間なわけで。
なんか嫌でさ、もう皆してとってつけたようなセリフをアホみたいに言い合う風習が。

そんな事はさておき、正月休みは例のごとく実家帰省であります。たまにはどっか海外とか、そこまでいかなくても温泉とか旅行もしてみたいもんですが、それはそれで金もかかるし正直面倒くさい。

でも帰省なら幸い両家も近いので一度で済むし、子供達は楽しいみたいだからこれでいいのかもね。ちょっとした旅行気分も味わえるし。

高速使って4時間弱で到着。着いた時は町中の雪は少なかったのだが、翌日から急に降り始めた。
1日2日とずっと降り続いて40〜50センチは降ったんじゃないかな?いや、そこまで降ってないかもしれんが。
でも田舎はどんなに降ったっていいよな。たいして渋滞もしないし。もっとも数年前の1mオーバー超ドカ雪クラスだとたまらんだろうけど。

んでそのお陰で3日は地元のスキー場はかなり良コンディション。

そう、正月と言えばスノースクート。なぜかここ数年正月には必ずスクートに乗るのが恒例になってます。
d0123412_21143385.jpg

今回はスクートでのパウダー攻略法を見つけた。ずばり「ハンドルを大げさに切る」であるw これに気づいてからはパウダーが楽しくなったよ。
でも相変わらずスクートで荒れた急斜面は苦手だな。かなりぶざまな姿を披露してきましたw

一緒に行った長女と妻もスキーに乗り、初めて家族で滑った。(下の子は留守番)
d0123412_21185941.jpg


やっぱいいよねスポーツは。
前日にはほんと10年以上行ってないボーリングに行って玉砕したりとか。1ゲーム目はホント酷かった。面白くないったらありゃしねえ。こういったスコア物は俺向きじゃないなやっぱり。
なんとか2ゲーム目は持ち直して機嫌も直りましたがw

他には各所の初売りで、電動ドリルとか工具セットとかソケットセットとか(工具ばっかり)ゲットしたりしてだらだらと休みを過ごし、3日の夜には札幌に帰ってきた。

とまぁこんな感じの休みでした。


おまけ。ようやく実家の犬と仲良くなれた次女
d0123412_21281211.jpg

[PR]
# by ridgerun | 2010-01-06 21:28

練習してきた

迫る雪中EDに向けて早くも練習してきました。

ってかまぁ、仕込んだスタッドレスタイヤのテスト走行程度のもんですがね。

タイヤはガーデックスK2、135/80R12。中古屋でバリ山(古いけど)2本で1500円。いかに金をかけないでいくかっていうのがモットーなもんでw

チューブレスタイヤの手組みは初めてなんで上手くいくかちょっと不安だったけど意外とすんなり。
うちの小さいコンプレッサーでもビード上げる事もできた。それなりの大きさのコンプレッサー買おうかと思ってたけど、いらんな。こいつで十分だ。

それよか慣れたらめちゃ楽だわ、チューブレスの交換。チューブ無いってのがこんなに幸せだとは思わんかった。 早くオフタイヤもチューブレス標準になってほしいもんだね。

で、こんな感じにばっちり装着。
d0123412_1852431.jpg

エア圧は限界まで落とす。もうエアゲージメモリ0よりさらに落とす。よって測定不能。
これで人間+バイク=150kg弱の加重でもいい感じにつぶれてくれてグリップも期待できる。

そこまで落として外れないかと心配だけど、意外と大丈夫なようだ。っていうか交換時にビード落とすのあれだけ大変なんだからそう簡単には外れないでしょう。
トライアルタイヤだってチューブレスなんだから低圧には強いはずだ。

そしていつもの広場に運んで試走開始。(当然ガキどももついてくるw)
うん、走るぞ! 太いタイヤで新雪を踏みつぶしながらぐいぐい進む。
ストマジはハンドル切れ角も大きいのでカウンターもバッチリ決まる!
これはなんだかイケそうな気がする〜〜!

少なくとも雪上ではDT50よりはコントローラブルだな。やはりオートマだからシフトミスって失速とかしないし、滑るバイクコントロールに集中できる。軽い車体はどんだけ傾いても簡単にリカバリー可能。
いかんせんパワーがないけど、狭い雪中レースのコースでは十分だろう。

ってな感じでけっこうマジメに八の字の練習とかやってました。

もちろん途中にはお約束のソリ引っぱりもww
d0123412_198434.jpg


まずは来年2/14の登別に照準を合わせて準備するか。岩見沢のドカ雪まつりとかぶりそうな感じだけど様子を見て決める事にしよう。

今後の作業予定としては、フロントアップフェンダー作成、リアタイヤのマッド(雪)ガード作成、キャブのアイシング対策、シリンダー&ピストン交換(できれば60ccにボアアップ)、ストマジ外装をヤマハブルーに塗装(面倒くさい)等々・・、なかなか忙しい冬になりそうだ。

ってことで年明けたら八剣山で練習走行会をします。求む同行者!
[PR]
# by ridgerun | 2009-12-27 19:20

冬バイク本格始動?

今日は新たな冬バイク仲間と走ってきた。

懐かしのSX125に乗るけんた君と、KDX125のアクアさん。
お二人とも手製のスパイクタイヤを装着し、すでにかなり雪の中を走り込んでいるもよう。
d0123412_17561178.jpg

はっきり言って、「出逢ってはいけない人達」な香りがプンプンするw
なんでかというとこのお二方、かなり激しいです。どんな悪コンディションだろうが全然関係無く、夏場と同じようなルートを走るという。

う〜ん、一緒に走ってたらいつか死ぬかもしれない・・ ww

なんて冗談はさておき、自分はこういった変態(失礼)な人達は大好きなので、初対面でもさほど違和感なく打ち解けられました(よね?)

ただ今回はDT50の調子がいまだよろしくなく、あいかわらずミッションオイル垂れ流しの状態で、とりあえずティッシュを詰めて応急処置w

なもんであまり長距離を走るのは危険なので当初予定してた支笏湖は断念。ちょっと気を使わせてしまいましたかね?すみませんでしたm(_ _)m

とある場所でズリズリさせて遊んだり、ジムカーナごっこをしたりと少年のように遊んで、自分は午後から年末準備もろもろの買い出しを命ぜられていたのでお先に帰宅。お二人はその後も走り続けた事でしょう。

帰りの滝野線は全面圧雪路面の超快適コンディション。

冬のモアイに寄ったりして。
d0123412_1812945.jpg


午前中だけのわずかな時間だったけどリフレッシュできました〜
[PR]
# by ridgerun | 2009-12-23 18:05

ちょっくら走ってきた

札幌にもようやく冬が訪れました。
昨晩から一気に降ってまあまあの積雪。

ってな訳でまずはMTBにもスパイクを履かせて近所をサイクリング。久々の雪中ウイリーはやっぱ楽しいですわw

そして次はDT50に乗り換えて出発。
幹線道路はけっこう舗装出ちゃってるけど、ちょっと一本それると圧雪路面を楽しめる。
街中を抜けるまでは相変わらず面白くなく、車からの白い視線を浴びながら走り続ける。

だけど郊外に出てしまえばそれはもうパラダイス。夏は普通の道でも雪が積もればスリリングなダート(か、それ以上)に早変わり。超長〜いドリフトかましながらコーナーを抜けて走る快感はたまらない。

いや〜やっぱ冬にバイク乗らない手はないわ。なんで皆やらないんだろ。こんなに楽しいのに。
スパイクタイヤさえどうにかすれば、寒さなんて着れば問題無い訳で。

d0123412_19575273.jpg


そんなに長距離は走らなかったけど、それなりに満足して帰宅。
今日は娘達と妻は友人とのクリスマスパーティーで居ない為、俺は自由な時間を使えるんでそこからはガレージにこもって色々と作業。

密かにストマジを冬仕様にするべく準備をしているのだが、小径チューブレスタイヤの交換に手間取る。
慣れてないのもあるだろうが、えらく大変だ。小さいってのが余計に作業しずらく、これじゃ固いMXタイヤの方がよっぽど簡単だよまったく。

こんな感じで久々の土曜休みを満喫しましたとさ。
[PR]
# by ridgerun | 2009-12-19 20:06

いじり三昧

まず先週の日曜は例のランツァフォークをバラす為にぢぢーさんのお宅にお邪魔しました。
作業の他になんか色々ケミカル類やらパーツやらも頂き大収穫の一日でしたw いや本当にありがたかったです。
んで無事に分解でき、中のサイズ確認もできたのであとは工具自作して必要なパーツ取り寄せればok。
とは言ってもランツァは春までに直しておけばいいので焦る事はない。

それよりもまずは毎日の足として活躍するDT50のクーラント混入を直さなければならない。
しかし通勤の行き帰りぐらいでは今の所これといって支障が無いため、なかなか着手できないでいる。

そんな中、またもや余計な物を入手してしまいました。
とあるバイク屋の前を通りかかった時に、外に置かれた1台のストマジを発見。
店主に「あれは売り物じゃないの?」と訪ねると、「エンジン焼き付いてて処分するやつなんだよね」とのことなので、それなら譲ってくれないかと頼むと、持ち主に確認しときますとの事で一旦店を後にした。

後日電話があり、「もう1台ストマジを持っていて、できれば2台まとめて引き取ってくれないか」というので(有料)、ちょっと悩んだが良い冬の暇つぶしになると考えて早速連れて帰ってきました。

まず1台は一応エンジンはかかるがクランクベアリングがいかれていて走行不能。そしてもう1台はピストン焼き付きで不動。
この2台のまともなパーツを使って、いわゆる「にこいち車」を作るのである。

予定では冬の間にじっくりと楽しんでやろうと思っていたのだが、案の定我慢できなくて毎日深夜まで作業。こっちのシリンダーをあっちに移植して、こっちのオイルポンプは壊れてるからあっちの使うか、これはこれと組み合わせて・・、なんていうもの凄く楽しい時間を過ごす。気がつくと夜が明けていたりして。
けっこう苦労したんだけど、やっぱり自分で組み直したエンジンがかかった時の感動は最高だったね。

で、もう完成させちゃいましたw



d0123412_2255241.jpg


どう?なかなかカッコいいでしょ? 社外カウルを着ていてちょっと雰囲気の違ったストマジ。
後ろに見えるのが部品取り君です。

でさっそく今日試走に出かけたのだが、思ったより加速が良い。基本スクーターエンジンなので最高速は伸びないけど、あの独特なアナログCVTな走りはなにか新鮮で楽しい。
だけどどうしても走りだしとブレーキ時には足が動いてしまう。今までスクーターって乗った事ないんでどうにもこのATには慣れないな。

でも楽しい、なんか凄く楽しいぞこのバイク。こいつならひょっとして雪中レースでカブに張り合えるかもしれないぞ!なんて考えながら近所を楽しくツーリングw

帰ってきて今度はもう1台の部品取君を徹底的にバラす。実は俺スクーターの変速システムにとても興味があって、いったいどういう仕組みになっているのかずっと知りたかった。
d0123412_22221253.jpg

なるほどね〜、こういう事か。遠心クラッチと、遠心力でウエイトローラーが移動して円錐型のブレートを動かしてベルトがかかる位置を変えていく。文章で説明するのはむずかしいが、これ最初に考えた人は本当に天才だな。

ってなわけでエンジン内部、ミッション共に全て完全に把握した。これならどこ壊れても自分で対処できる。予備パーツにも不自由しないしw
いやでも本当に楽しいわ〜、俺やっぱ小さいバイクが好きなんだって改めて思った。なんつーかプラモやラジコンに近いんだよね。さらにそれに自分が乗れるってんだから楽しくて当たり前だよね。

ちなみにこのストマジ、来年の妻用のバイクに決定しました。50ccで免許いらないし、オートマだからたぶん運転できるでしょう。
アイヌネギツーリングにでも連れて行って、無理矢理山を走らせてみようと思います。はたしてどうなる事やらww



おまけ

せっぷー氏直伝のガトーショコラを作りました。美味いです。
d0123412_2238173.jpg

[PR]
# by ridgerun | 2009-12-13 22:46
久々の更新ですが・・

いやぁもうDT50のミッションオイルにクーラント混入して、頑張って直したと思ったらまた調子悪いわで嫌になってきたよ。キャブもオーバーフローしてガソリンだだ漏れだし。これは直したけど。

かと思えば今日なんてランツァが途中で動かなくなって、車で迎えに来てもらったぐらいにして。
調べたらヒューズ切れてた。問題はなんでヒューズが切れたかって事だ。これは原因の特定がむずかしいな・・

そうして作業してたら今度はFブレーキあたりからオイルだらだら漏れてる。ゲッ!ブレーキフルード漏れてんのか?!と思って調べたらサスのオイルシールからドバドバ漏れてきた。
さっそく修理にとりかかるも、フォークばらすにはちょっと特殊工具が必要だったりするんで、いったん作業中止。ここはやはり工具自作だな。でもめんどくせぇな・・、俺もDoデビューするかな・・とか色々悩む。

なんかもうどっちのバイクも液体という液体が漏れまくりで非常にブルーな気持ちでありますorz
ちょっと今シーズンの冬レース参戦は厳しくなってきましたな。


ここでちょっと話を変えてDIY記録でも。
ガレージ内がだいぶ手狭になってきたのでどうにか整理しようと考えた。
じっとガレージ内を見回していたら、壁面の上部分がどうにももったいない。ここは自分で描いた絵を飾っていたんだけども、どうせなら実用的に収納スペースに使うことにした。


で、こうなる。
d0123412_2041763.jpg

どうだ!自転車屋さんみたいでしょ?w
材料は25ミリのパイプとボールクランプで、高さや突き出しも自由に調整可能。強度もまったく問題無し。
これをコンクリート壁に直接ネジ止めする。賃貸アパートだがそんなの関係ねぇ。家の中もガレージももう穴開けまくりw 振動ドリルでガーガーですわ。

と、このお手製サイクルラックのお陰で、奥のトレーニング室は広く使えるようになった。
あとはモチベーションを上げるだけだな。

ついでにガレージシャッター前にはハロゲンセンサーライトも設置してやった。当然外壁にも直接ネジ打ち込みだ。これで夜帰ってきても暗くて鍵開けるのにイラつくこともないな。
さらに「監視カメラ設置」の看板でも付けときゃ防犯効果も上がるってもんだ。

んでおまけにもう一つ。
ピアノの鍵盤カバーを作ってみた。
ピアノのカバーといえばなぜか「赤いフェルト」が定番なのだが、それでは面白くない。
手芸屋で物色していたらかっこいいヒョウ柄の毛足の長い生地があったのでゲット。そう、例えるならバカな若造がが車のダッシュボードに敷いているような奴w

これを妻にミシンで縫ってもらって完成。
d0123412_20514820.jpg

どう?なかなかカッコいいでしょ?w 実物はけっこうおしゃれですww
これでほこりにまみれた鍵盤を気分悪く弾く事もない。


とまぁ久々の更新のわりには内容薄いな〜。 ネタがないもんで・・
[PR]
# by ridgerun | 2009-11-23 21:08

まだまだ続く休息日

いやぁ、こんなに無駄に休みがあるってのも社会人になって初めてかもしれん。

幸い娘もだいぶ良くなり、今の所家族にも発症者はいなくて皆元気。それでいて休み。

今日も朝起きて、「まだ木曜日かよ〜」なんて贅沢な愚痴をこぼしながらやる事探してる訳です。

たぶん無職になったら毎日こんな感じなんだろうな。いや、なりたくないけど、っていうかなったら困るし。
でも宝くじが当たれば堂々と大手を振ってこんな生活ができるんだろうな〜とか本気で考えていたり。

そんなわけで今日はちょっと気分転換しようとAOPに行ってきた。
d0123412_15312294.jpg

多少トライアル的な練習もしつつ、水たまりで水没しかけたりも。

その後は林道を少し走り、何を間違ったのかバインバインルートに入ってしまい一人やられる。
あの溝の中でどうにもこうにも動けなくなり、山の中1人で「助けて〜ドラえも〜ん」とか叫んでいましたw

あ、そういえばコンビニで休憩中に小学生の団体が通りかかり、俺を指差して「あ!ラストフレンズだ!」って言われましたw(夕方再放送中だから?)
どうやら子供達にはYZもランツァも同じに見えるみたいですw


で、まだあと3連休残ってるわけですが・・

ぶっちゃけもう仕事行く気も無くなってきてるわけで・・・


さて、DT50のオイル交換でもするかのう(´-`)
[PR]
# by ridgerun | 2009-10-22 15:44

さらに続く休息日

最悪な事に、娘は新型インフルエンザでした。
もう見ててもかわいそうな位に辛そうで、これじゃ死んじゃう子がいるのもわかる気がしました。
いや、死なれちゃ困るんですがね、うちの子に限って。マジで。

で今朝病院連れて行ったりなんだりして会社に遅刻して行ったわけなんだけど、なんと会社から、

「君は今週いっぱい休んでくれたまえ」

との通告がでました。要するにインフルウイルスを会社に持ち込まれたら困るから来るな、という事ですわ。

とりあえず会社命令だから仕方ないんだけど、な〜んか微妙な空気ですよ。今んとこ自分は元気なのにびっちり一週間会社休むって・・

妻も職場から同じように自宅待機を命ぜられているし、下の子も保育園には行けない。
結果、一家そろって変な次期にいきなりゴールデンウィークが始まってしまいましたw

どうしよう、何してれば良いんだ?俺。だってこれといって体調悪いわけでもないし(腰は痛いけど)、家にこもっていればそれだけ感染のリスクは高まる。

ってことは何かい? 平日の林道ツーリングにでも行ってろって事か?ww


そういうわけで平日の友を大募集しますwww


なんて冗談はさておき(半分は本気)、早く娘の体調が良くなってくれる事を祈るばかり。
ほんとかわいそうなんだよ。普段あれだけうるさい娘がずっと布団から出てこないんだから。
あまりに心配で、たまにちゃんと息してるのか確認したくらいにして。

う〜ん・・困ったもんだ・・・
[PR]
# by ridgerun | 2009-10-19 23:00

休息日

最近は仕事が忙しく、さすがに疲労が溜まっていた。さらに腰痛が酷く、まさに生き地獄な日々。

なもんで週末の2連休は久々にゆっくりと休養を取る事にした。
室蘭のレースも考えていたのだが、こんなんじゃ無理だったね。バイクも直してないし。

で、土曜日は下の娘の七五三の写真を撮りに行った。この娘、普段は男の子みたいな見た目なんだけど、衣装のドレスや着物を着せると別人のようになる。店の人の手際もさすがプロだね。
はやく仕上がりが見たいなぁ。

そしてこの日は上の娘の誕生日でもあるので、夜は簡単に誕生会。ただケーキ買ってきただけだけどw
d0123412_0385228.jpg


しかし、日曜の朝から上の娘に異変が。突然高熱を出してダウン。
な〜んかインフルっぽいんだよな〜。もっともここ最近ずっと学級閉鎖だなんだと周りはインフルだらけで、今まで感染しないできたのが不思議だったくらいで、ついに来たかといった感じ。
あ〜あ、どうせまた俺にもくるんだろうな、これ。

ちょっと話は戻るけど、腰痛がマジでヤバい。特に朝起きる時なんて、しばらく起き上がる事ができない事が度々あるくらいだ。もう本当に辛い。さすがに病院行くか?って考えてしまうほどだ。
ま、行かないけどね。病院行ったってどうせ解決しないし。
ってなわけで現在はバンキーかけまくり。やっぱこいつに頼るしかないな。

いやぁでも俺も年とったんだな。腰痛に悩まされる日が来るなんて若い頃は想像もしてなかったもんだ。
なんか他にも体中あちこちおかしい所も出てきたし・・


あ、それとさらに余談だけど、どなたか家に2段ベッドが余ってて処分に困ってるって人いませんか?
もしあれば格安でお譲り願えないかと・・、よろしくですm(_ _)m
[PR]
# by ridgerun | 2009-10-19 00:54